2016.06.30更新

            Kenneth Lin and Bruce Aust

 英国の EU離脱により、ロンドンよりNYの金融界の重みが増すという憶測が出ております。そこで、今日はベイエリアの金融話を扱いたいと思います。日本でも話題の、金融とテクノロジーが融合するサービスのFinTech(フィンテック)のスタートアップ、クレジットカルマのことでございます。クレジットスコアを扱う会社のクレジットカルマは、米雑誌フォーブスが今年度の最有力な企業No.1だとしました。アメリカでは個人の信用度を示すクレジットスコアが低いと、クレジットカードが発行できないだけでなく、家を建てる時にローンの利率が高くなったり、ローンを組めなくなったり、就職できなかったりするほど重要です。クレジットスコアはアメリカ人、そしてアメリカ人在住の人一人一人に与えられるもので、個人の信用度のバロメーターです。 

 サンフランシスコ本社のクレジットカルマが設立される前は、クレジットスコアの確認は有料でした。クレジットカルマではクレジットスコアの確認などのサービスが無料で、同社は広告収入から利益を得ています。現在信用データファイルを持つ5分の1以上に当たる5千万人のアメリカ人がクレジットカルマの無料会員です。同社の企業価値は現在、35億ドルです。クレジットカルマCEOのケネス・リンさんとナスダック副会長ブルース・オーストさんが先月、ナスダック起業センターで講演を行っています。

 リンさんはクレジットカルマという社名をつけた理由を「世で良い行為をやっていれば、自ら良いことが起ってくる」という因果応報の意味で社名をつけたと言います。中国から両親とともに4歳の時アメリカに移住したリンさん。両親はレストランなどで骨身を削って働いて、彼をボストン大学に入れました。大学の頃から起業を何度も行い、Eローンなどクレジットカード業界で働いた彼は2007年、クレジットカルマを創業しました。最初の大手10行を顧客とした時は、「大変だった。簡単ではなかった」そうで、毎月サイトをテストしてリニューアルしたり、柔軟に現実的に計画を変えたり、クライアントと話したり、より良く運営するにはどうするか、どんな所にいても考えているとのことでした。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.06.15更新

            nasdaq entrepreneurial center

 日本から見ると、シリコンバレーではハイテク企業が急速に成長し、チャンスが豊富にあるように見えます。ですが、米国市場は「極度に競争が激しく、とても複雑で、よく誤解され、多くの神話や歪曲が多い」そうです。6月7日、サンフランシスコのナスダック起業センターで、起業のコツを教える講習がありました。最初に自ら何度も起業し、35か国以上の政府に起業訓練を行ってきたミッシェル・メシーナ(Michelle Messina)さんが、同センターで講演しました。彼女は最近、Decoding Silicon Valley (シリコンバレーを解析する)という、SVで実際に何が起こっているのかに関する本を出版したばかりです。

 メシーナさんは、SVの投資家、VC(ベンチャー・キャピタリスト)が普通、起業して上場や事業売却まで10年と良くいいますが、「実際は14年から17年」ともっと長い期間がかかっていると指摘しました。また、SVでは一つのアイディアや新しい技術で、類似のものが既に10社から20社あって、競争が実に激しいです。しかし、大部分のスタートアップは他から殺されるのではなく、自殺する(Most startups die of suicide, not homicide.)のだとか。また、SVでは真似しごんべ(copycat)が大嫌いで、ネットワークが非常に重要視されており、セールス・マーケティングが他の国と全く異なることなど、この地の特徴を次々解説しました。

 続いて、世界4大会計事務所の一つであるKPMGのマネージング・ディレクター、ローラ・ワッツ(Laura Watts)さんが、事業基盤を強化するためにアメリカでの会社設立、財務・税務等を説明しました。「エンジニアの方々は税務を軽視する傾向がありますが、IRS(アメリカ合衆国内歳入庁)が企業を潰してしまうこともあるんです」と、起業で税務法規を遵守することの重要性を訴えました。 アメリカにやってきたインターナショナルな才能に、成功のためのチェックリストやヒントを出し、エンパワーして、シリコンバレーの豊かなエコシステムに入れるよう、ナスダック起業センターには色々な学びの機会が用意されています(http://thecenter.nasdaq.org)。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.21更新

   Own the Room

 恥ずかしながら、子供の頃から人目を気にする自意識過剰な性格で、皆の前で話すとか、テレビに出るのが苦手でありました。そんな感じなので、書き物系のお仕事とか、「ウォール・ストリート・ジャーナルを読む」のプロダクション・ディレクターとか、表に出ない裏方をやって参りました。 ですが、コミュニケーション能力はどんな仕事だってとても重要だぁー。アメリカで皆を沸かせるスピーチが出来たらなと、思わないこともない昨今でありました。ラッキーなことに、ナスダック起業センターで、アイ・オープニングな講演に今日参加できましたよ。”あなたもリーダーになれるかも?”というスピーチのテクを教えてくれる「場の主役」(Own the Room: owntheroom.com)という講演です。 アメリカではMITの伊藤穣一さんや、フェイスブックのCOOでリーン・インのシェリル・サンドバーグさん 、弁護士やハリウッドスター、世界の企業経営者もOwn the Roomのスピーチの特訓を受けてます。

 Own the Roomの2人の講師テリーさん、ダンさんにとってもお世話になりました!彼らは請われて、世界13カ国を回わっているそうです。内容が実践的で、飲料水を使ったり、カメラを使ったりで、新鮮でした。私もまとめの90秒で即興のスピーチをし、皆さんに結構受けることができました。そう!声を大きくして言いたいです。「特訓を受け、練習すれば、誰でも場が沸くスピーチができますよ〜。」

 それでは、彼らの講習内容を簡単にご紹介しましょう。 1.自分のことは置いといて、話を聞きに来てくれた聴衆が主役。話す内容にフォーカスする。 2.優れた講演をしていきたいなら、自分の講演後、具体的な評価を求める。 3.伝えたいメッセージに意味を加えない不必要な言葉を徹底的に排除する。良いという話は除いて、これしかないグレートな話を手短にする。 4.聴衆が受けるものをまず認識して繋がるのが一番。それから、メッセージに入る。テレビ番組で馴染みのある主役が出てきても飛ばすこともあるけど、殺人場面が出てきたらずっと見入ってしまう。強力な言葉でストーリーから入れば、聞く人の感情を鼓舞し、話した内容が聴衆の記憶に残る。 5.声、トーン、会場で立ち位置を変えたり、言葉に合ったボディ・ランゲージ、話すトピックを変える。変化することで、聴衆の関心度が高まる。 6.最後に伝えたい決めの言葉で締める。

テリーさん、ダンさんの映像付きサイトは以下のとおりです。

テリーさん http://www.owntheroom.com/terry-bond

ダンさん http://www.owntheroom.com/dan-moriarty

   Own the Room-Dan

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.03.24更新

                     Nasdaq

• Stroll Health アメリカでは毎年700億ドルが医療関連のケアで、高額すぎたり、無駄になっています。医療費は透明ではなく、支払っている患者の98%がコスト計算ツールを持っているものの、患者のわずか2%が実際に使っているだけです。 サンフランシスコで設立された Stroll Health は、ネットワーク内の患者のために低コストで、より良い医療を期待できます 。Strollが唯一、インセンティブを整理し、ケアの時点に介入し、医者がネットワーク内の低コストで、患者にとってより便利な医療ができるよう支援します。売り込み先のターゲットは医者、独立のイメージング・センター、ヘルス・システムなどです。 www.strollhealth.com 2013年9月設立

• Tending Tendingは、自分の愛する人の世話をする家族のためのプラットフォームとコンシェルジュサービスを提供する、高齢者介護の管理ソリューションです。長期に及ぶ高齢者の主なケア は、リソースが不足している家族や友人などインフォーマルなものなので、サポートや適切な介護の臨床知識が愛する人の世話をするために 必要です。Tendingの連携プラットフォームとコンシェルジュサービスは、介護活動を調整し、臨床アドバイスやサポートに24時間365日アクセスでき、身内の介護者の負担を軽減します。 Startending.com 設立2015年2月

                        tending

• Zobreus  外科医が設立したZobreusは、機械学習を使用して、患者中心の記録を提供します。患者の目前や在宅で行われる時、実用的な患者の医療情報が不足し、相互的でなく運用されている記録などで、 年間ほぼ1兆ドルのコストがかかって、無駄になっています 。Zobreusは、簡単かつ安全に患者を助けるスケーラブルで構造化された記録の技術がモバイルデバイスや在宅で行われる検査向けに開発しました。 www.zobreus.com 設立2014年3月

                       Zobreus

 スタートアップ・コンペである2016サンフランシスコ・ヘルス・フォーラムの結果が発表された後、会場には優勝したレッグワークス共同 CEO、エミリー・望月・ルティエンスさんの前に大きな長方形の白いケーキが出てきました。また、ニューヨークのタイムズスクエアには、フォーラムでピッチを行った起業家たちの写真が大きく出ていたそうです。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.03.23更新

                                myownteam

• My Own Team  慢性疾患患者の平均6割が、薬や治療を守らないため、避けられることの出来る何十億ドルもの医療費が発生しています。My Own Teamは、治療を守り、改善させるために、モバイル・テクノロジーのプラットフォーム上に、特にパーソナライズされた小さなグループのコミュニティのコーチや患者の行動への「メッセージング」や独自のマッチングアルゴリズムを使います。24カ月以内に慢性疾患患者の医療費を削減するそうです。CEOのアバス・ハッサン(Abbas Hasan)氏にとって、これは3度目の起業で、すでにイギリスの5つの病院でパイロット・プログラムを行う契約を結んだそうです。 www.myownteam.org 設立2016年1月

• Mi Nutriologo  栄養と健康への理解が進んでいないヒスパニック系の間で、太りすぎや肥満率が高いそうです。Mi Nutriologoは、栄養と健康教育技術を通して、 健康な生活を実現するために、4490万の人口を占めるヒスパニック系の18歳から39歳までの肥満女性たちを支援する、サブスクリプションベースの手頃な価格のアプリを出します。現在ブランド向上に他の企業との提携や、今年1月12日の時点でフェイスブックに50万人以上(575000)のファンを得ています。 www.minutriologo.com 設立2016年1月

• Oneva 雇用者は社員を惹きつけ、保つために、ますます革新的なウエルネスのベネフィット を必要とする一方、人件費を抑え、有給休暇を減らし、そして従業員のストレスを軽減しようとしています。Oneva のサイトで、社員が勤務中の間、社員の子供や高齢者の面倒を見るナニーや介護者のFBIのバックグラウンドチェックや、週日や週末、夜にナニーや介護者のサービスを予約したり、支払える企業向けと個人向けのビデオによるプラットフォームです。シェブロンがベイエリアの6500人の社員の福利厚生のポータルに導入しているそうです。 www.oneva.com 設立2016年1月

                         oneva 

• Rockridge Mobile Health  公衆衛生局長官によると、虫歯は子供たちに最も普及している慢性疾患で、虫歯の為に子供たちは5千百万時間も授業に行けないそうです。虫歯という世界で最も広く普及している慢性疾患を解決するため、Rockridge Mobile Health のデバイスが開発されたとか。使い方はブラッシング後、口に液体を指標になる液体を歯にかけ、 スマホやタブレットのモバイルにプラーク検出器を取り付け、 歯の自撮り写真を撮ります。モバイルアプリで見ると、歯垢は歯に緑色で表示されます。子供のブラッシングが効果的であるかどうかを両親が知ることができます。販売ターゲットは母親だそうです。 www.rockridgemobile.com 設立2016年1月

• Sempre Health  診察毎に支払う自己負担額のコーペイや年内に一定額まで自己負担しないと保険が効かない免責額が米国の医療費にあるため、 3人のうち1人の患者は、そのコストのため、医学的に必要なケアを取らなかったり、遅らせています。こうした患者は、あまり健康でなくなり、医療制度とその負担者にはより高価な者になってしまいます 。 Sempre Healthは患者がヘルスケアにどう支払っているのかを管理できるように、割引になるシステムを時間をかけて気づかせます。自分の健康状態を気にするようアクセスを増加させ、長期的に行動を変えるようにします。そして、アメリカのヘルスケアにかかっている金額を削減させるそうです。薬剤会社がターゲットとか。 www.semprehealth.com 設立2015年8月

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.03.22更新

では、優勝したレッグワークス以外のヘルスケアのスタートアップを3度に分けて、ご紹介いたします。

             Blumio                                  • Blumio  腕帯を付けて測定することなく、血圧を連続して快適に測定するウェアラブルのスタートアップです。血圧は1日のうち変動するものですが、血圧測定は通常、1日に一回限りです。しかし、薬物療法、運動と食事療法に応じ、連続的に測定できる血圧計で血圧をモニタリングする臨床の洞察ができる世界初の血圧計を開発しています。その製品特徴は革命的なセンサーだそうです。 www.blumio.com 設立2015年10月

• Cocoon Cam  ディベロッパー・ウィークSFで優勝したCocoon Cam(コクーンカム)は、クラウド上で撮影中の赤ちゃんのビデオストリームをリアルタイムで分析し、心拍数と呼吸を検出する特許出願中の技術を持っています。Cocoon Camのウェルネスカメラは、全くセンサー無しで、本体に接続されているクラウド上の映像を解析することで、 心拍数、呼吸、皮膚温度を離れて検出するオール・イン・ワンのカメラです。 「カメラは静的で、重要なデータを提供しません。ウェアラブルは発疹、不快感を引き起こすことも あり、継続的で自動監視が必要な市場に耐えられません。カメラの頭脳になります」とCEOのルビー・サンチェスは発言しました。解析にはAI技術が使われているようです。カメラ自体の製造は中国の深圳で行う予定です。 www.cocooncam.com 設立2014年11月 

• iTreatMD  アメリカでは患者の約75%が医師がやるように言ったことを理解したり、覚えてはいず、 それが原因で300億ドルものコストがかかり、毎年12万5000人の死者が出ています 。iTreatMDは、臨床医に疾患を治療するためのチェックリストを、 在宅患者のアプリに提供し、個別化した患者の治療計画を出します。開発、臨床経験と顧客ケアの豊富な知識に基づいて、医師と患者のコミュニケーションを円滑にします。 www.itreatmd.com 設立2013年5月

             KNOX

           • KNOX  4000万人が喘息患者で、そのうち子供は1000万人が喘息持ちと言います。子供向けの喘息管理ツールを開発するKNOXは 、その両親に実用的なフィードバックを提供します。激しい喘息で病院を訪れるようなケースを減らすため、子供の肺の健康状態をスマホで測定し、追跡します。病院の外での喘息を簡単に、容易に管理可能な消費者重視の喘息管理ツールを提供し、子供の肺を気遣う両親に心の安らぎを与えます。 www.knox.co 設立2013年11月

• LivWell Health 老人の自宅での自主介護を助けたり、病院から地域のコミュニティー・サービスとして派遣されるケアコーディネーターは、効率的に費用対効果の高い、HIPAA(医療保険の携行性と責任に関する法律)準拠の家庭介護管理ツールや、コミュニティベースのサービスを欠いています。

LivWell Healthは、医療サービスプロバイダーの生産性が上がるので、患者のためのケアを改善し、新市場へと成長が可能です。スケーラブルで安全なSalesforce.comのプラットフォームをベースに、LivWell HealtはクラウドベースのCRM、つまりコミュニティ・レジストリとサービス管理ソリューションで、急性で起こった病後のケアの遷移を合理化し、「仮想生活支援(virtual Assisted living)」を有効にします。 www.livwellhealth.com   設立2012年5月

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.03.18更新

                            lw

 Health Forum起業コンペの優勝者は、Legworks(レッグワークス)でした。世界の機能障害者に、高品質で低価格の義肢を 大手医療機関カイザーやインテル、投資機関からなる4人の審査員からも、観衆からも最高のベンチャー企業として選ばれたのです。ブラウン大学を卒業後、カリフォルニアカリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得し、ウガンダの教育省でアドバイザーも兼務する同社の共同 CEO、エミリー・望月・ルティエンス(Emily Mochizuki Lutyens)さん がピッチを行った結果です。「義肢を含む人工装具市場は10億ドル規模の産業で、機能障害者に独立性、雇用の可能性と社会に積極的に参加の機会を与えます。」レッグワークスは手頃な価格で、早く歩け、手入れも簡単で、高機能な義肢を製造販売しています。 2014年3月にトロントで設立され、同地でのスタートアップ合戦でも勝ち抜いていました(www.legworks.org)。

        lw2

義肢は数十万円から数百万円以上と高額なため、世界の紛争などで義足が必要になった人々なども含めて 何百万人に行き渡っていないのが現状です。ルティエンスさんによれば、「義足が手に入らない切断患者が90%もいます。北米では 価格競争力のある1機を650ドルの直販で、欧州では流通業者に530ドル、発展途上国には政府、NGO、流通業者に300ドルで販売する計画」だそうです。市場に合わせた階層型の価格設定で販売した場合、マージンが66%と悪くない利益率です。共同設立者で開発ディレクターのブランドン・バーク(Brandon Burke)氏自身が義肢が必要な身体で、「義足を買えない人たちは障害と貧困の狭間で、二重に権利を奪われている」と指摘します。 足が不自由だと動き辛いため、平均寿命が短くなり、生活の質の低下にも繋がっています。 レッグワークスは社会に貢献しつつ、利益確保の両方を行うことができる事業です 。共同設立者のジャン・アンドライセック(Jan Andrysek)氏が、10年以上かけた研究で、高機能かつ低価格の膝関節を開発し、特許を取得しました。レッグワークスは米国の740の医療機関に売り込みを開始するそうです。そして、国際赤十字などのパートナーシップを通じて大量に受注し、割引価格で製品を提供していく計画です。同社は世界的市場への進行を加速させながら、 収益性​​を維持しつつ、百万ドルの資金調達を今期で完了させるとか。所得格差があっても、 義肢が幅広く必要な人々に届くようなビジネスモデルが審査員と聴衆にうけ、14社のトップに輝いた理由なのでしょう。では、この他の参加したスタートアップ13社の事業内容はどうだったのかを、アルファベット順にご紹介致します。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.03.17更新

              SF Health Forum

 3月10日、サンフランシスコのナスダック・アントレプレヌリアル・センター(Nasdaq Entrepreneurial Center)で、2016サンフランシスコ・ヘルス・フォーラム(2016 San Francisco Health Forum)が開催されました。 主催はヴィレッジ・キャピタル(Village Capital)、シティ・コミュニティ・ディベロプメント(Citi Community Development)、そして会場を提供した同起業センターです。ピッチに参加したスタートアップ14社のうち、さて、起業コンペのトップに輝いたのは……。

投稿者: Ayako Jacobsson