2016.12.17更新

          コンピュータ歴史博物館

            コンピュータ歴史博物館に展示中のグーグルの自動運転車

 シリコンバレーを訪れたら、見逃せないのがマウンテンビュー市にあるコンピュータ歴史博物館ことComputer History Museumです。 NEC、アップル1、DEC、IBM 、Crayのスーパコン、ENIACの一部やゲーム機、グーグルの自動運転車などコンピューティングに関わる展示が充実していて、まさにその名の通りの博物館です。講演やテスラ・モーターズの株主総会などもコンピュータ歴史博物館で行われています。コンピュータの主にハードウェアの歴史を知るには最適なミュージーアムですが、 来年1月28日からは、「MAKE SOFTWARE: CHANGE THE WORLD!」 というソフトに特化した展示も新たに始まり、今まで以上に充実します。  

 展示にはゲームのアプリ、MP3、フォトショップ、MRI、車の事故のシュミレーション・ソフト、ウィキペディア、テキスト、ワールドオブウォークラフトなどのオンラインゲームなどがあり、双方向のタッチスクリーンで遊べるとのことです。展示内にソフトウェア・ラボがあって、コーディングも学べるとか。面白そうですね。さらに詳しくはコンピュータ歴史博物館のURL(http://www.computerhistory.org)へどうぞ。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.12.08更新

          CES

 2016年も残るところ、あと少しとなりました。来年1月20日は、共和党のドラルド・トランプ氏がアメリカ大統領就任式を迎えるんですねー。公職に就いたことが無いトランプ氏の舵取り、一体どうなるのか興味深いところです。 とはいえ、こちら 西海岸からですので、まずはラスベガスを含む 技術イベントを着実に拾っていきたいと思います。 で、以下は2017年1月のイベント情報です。まず幕開けは例年大掛かりなラスベガスのCESからでございます。

 1月5日 から8日まで一般公開されるCES 2017。 メディア向けでは 既にお正月の3日から開催されております。メディア向け初日のビック・イベントはCES Unveiled Las Vegasです。無理矢理訳すと「見せちゃいましょう、ラスベガスのCES」という感じになるのでしょうか?今年の技術トレンド、企業の新製品発表だけにとどまらず、ディープなイベントも結構あります。「AIを使って、まるで人間のように運転する為に業界のアライアンス が大切(Artificial Intelligence for Autonomous Driving: State of Technology, Breakthroughs, and Why Alliances are Valuable)」とか、有料、無料のイベントが一杯です。

 ラスベガスからベイエリアに飛んで帰ると、1月11日から12日には「AI Frontiers Conference(人工知能フロンティア会議)」がサンタクララ・コンベンションセンターであります。AIのトップを走るグーグル、フェイスブック、アマゾン、百度、ファーウェイ、テスラなどからデータ・サイエンティストがスピーチします。開催2日目には、AIに関する特訓もあるようです。 一方、サンノゼのファースト・ストリートでは「企業向け人工知能」というテーマで1月26日、ミートアップがありますよ。巨大にデータが増えた今日、さらにインテリジェントなシステムが現出しつつあるけれど、それを活かしたアプリで成功しているものは少ないことが討議されます。 以上、酉年に入った来月のイベント情報でございました!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.10.20更新

               Intel

 今年5月開催のGoogle I/Oでは、AI(人工知能)対応オープンソースのTenso Flow(テンソーフロー)などAIばかりが論じられていました。インテル主催のIDFでも、AIに向けたプラットフォームを出すと8月に宣言しましたし、トヨタが研究開発部門Toyota Research InstituteがAIへの研究助成金をミシガン大学に4年間出すと発表してます。9月にサンノゼで行われたRoboBusiness(ロボビジネス)というイベントでも、AIの重要性が強調されました。10月4日から行われたセールスフォース(Salesforce)主催のドリームフォース(Dreamforce)でも、AIを活かしたEinsteinという製品が、約17万人の参加者の衆目を集めていました。AI のスタートアップ企業、Vicarious Systemsにはマーク・ザッカバーグ、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、ビノッド・コスラ、アシュトン・カッチャーなど著名人他、有名なVCが投資していますし、(http://www.vicarious.com/investors.html)。人工知能を研究する非営利団体のOpenAIも同様です(https://openai.com/blog/)。

そうです!シリコンバレーでは、AI(人工知能)が今、本当にホットなトピックなんです。なにせ2020年に50億ドル市場になると、予想を出すレポートもあるんですから。 昨今のコンピューティング技術進化が、AIを本格的に利用できる状況が作り出されました。スタンフォード大学が「2030年の人工知能と生活」というレポートを9月に出しました。そのレポートによると、AIによる自動運転カーが走り、ピザはドローンが配達し、犯罪の監視、人工知能ロボットが家事をするようになるとか。

               AI CAR

AIは現在、投資が先立っている段階ですが、AI関連の スタートアップが大手企業に買われたり、AIに携わるデータ・サイエンティストがシリコンバレーで引っ張りだこになっております。 では、シリコンバレーで最新のAIを学ぶにはどうすれば良いのでしょうか?スタンフォード大学(http://ai.stanford.edu)、カリフォルニア大学バークレー校(https://www2.eecs.berkeley.edu/Research/Areas/AI/)、ノースイースタン大学のサンノゼ校(http://www.northeastern.edu/graduatecampuses/)などにはArtificiaI Intelligenceの講座があります。スタンフォード大学にはArtificial Intelligence Graduate Certificateという4コースがあって、コンピュータ・ランゲージのCやC++ができることが必須です。13から15単位で授業料が$14,560から$19,800だそうです。 カリフォルニア大学バークレー校には学部と大学院にAIを学べるコースがあります(http://bair.berkeley.edu/courses.html)。ノースイースタン大学のサンノゼことシリコンバレー校にはコンピュータ・サイエンスのプログラムがあり、2017年1月から始まるプログラムの授業料は$46,000と聞きました。同校の強みは企業研修制度があることです。 しかし、教育機関で学ばずとも、シリコンバレーにはAIにまつわるイベントやミートアップも開催されています。サンフランシスコで11月7日から9日までAI Worldというイベントが開催されます。グーグルのプロダクトマネジャー、インテル、NVIDIA、MDアンダーソン・がんセンターなど多様な業界からAI事業に携わっている人々のワークショップから展示までが3日間にわたって行われます(www.aiworldexpo.com)。こうしたイベントに参加して最新のAI事情を学んだり、ウェッビナーで学ぶことから始めるのもAIを学んでいく一つの方法でしょう。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.10.11更新

               MEET UP

ベイエリアには色々なイベントがありますが、忘れてはならないのがMeetup(ミートアップ)です。東京にもあるようですが、オンラインで自分の学びたいこと、趣味ややりたいことに合うグループに入って、そのグループのイベントに参加します。上の写真はシリコンバレー・コンテント・アントレプレナーズというグループのもので、アプリの考案から、作成、実際に市場にリリースするまでに関する会合です。サニーベールで明日、開催されます。

グループに入ると、Eメールで「こういった会合があるよ」と、お知らせが入ります。行きますか(Are you going)?という問いかけに対し、行く(Yes)、行きません(あるいは行けません:No)のボタンをクリックするだけです。無料のMeetupもあれば、$10など参加費を徴収するものもあります。コードを本格的に習いたい場合のMeetupでは、コースによって結構お高い受講料を取るものもあります。

ベイエリアを訪れられた時、IDF、Google I/O、オラクル・オープンワールドやドリームフォースなどといったイベントだけでなく、こうした草の根的なMeetupにも参加され、ベイエリアの住人と一緒に学んだり、交流するもの一興かと。

始めるにはまず、https://www.meetup.com のサイトからアカウントのご登録を。Meetupの開催は多いのですが、開催日直前になってイベントの通知が来ることも多いので、その辺は臨機応変にご対応下さい。ちなみに仕事の業務が終わった夕方午後6時から始まるMeetupが多いです。

 

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.17更新

               2015 Dreamforce

皆さま、週末はいかがお過ごしでしょうか?9月も後半戦に突入し、ベイエリアことシリコンバレーも、ちょっと秋めいてきました。ベイエリアでの10月のイベント情報についてでございます。

ドリームフォース‘16が10月4日から7日まで開催されます。9月は18日日曜からオラクルのOpenWorld 2016が開催されておりますが、昨年のOpenWorld2015の開催が10月で、ドリームフォース‘15が9月だったことを思い出すと、今年は両方のイベントの開催順が逆なんですね〜。ドリームフォースCEOのマーク・ベニオフ氏とオラクル会長のラリー・エリソン氏は、色々と近しいご関係の間柄なので、イベントがぶつからないように調整されているのかもしれませんね。

サンフランシスコから南のサンタクララ・コンベンションセンターでは10月4日、無料のイベントST IoT Developers Conferenceが 1日だけMission City Ballroomで開催されます。IoT のスマートな製品、スマートホーム、スマートシティ、スマート産業の将来とその開発に関するプレゼンなど、インターアクティブなサミットです。詳細 や登録は以下のサイトでどうぞ。www.st.com/devcon2016

10月20日から 21日はIoT Tech Expo North Americaがサンタクララ・コンベンションセンターで開催され、同じコンベンションセンターで25日から 27日には、ソフトバンクが買収したARM主催のARM TechConがあります。ご興味のある方はARM TechConのサイトがございます。 http://www.armtechcon.com

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.10更新

夏休みも終わり、秋になってベイエリアでのイベントが再び増えてきました。Boxのボックスワークスは昨年9月の後半でしたが、今年は9月の前半の6日から8日まで開催されます(https://boxworks.box.com)。アプリケーションプログラムインターフェースのAPIに関するイベント「Integrate + API World 2016 Conference & Expo」が、ベイエリア南のサンノゼ・コンベンションセンターで9月11日から14日まで開催されます。

SJconvention

9月12日から14日には TechCrunch Disrupt SFが、9月13日から15日には Jenkins User Conferenceが、サンタクララ・コンベンションセンターで開催されます。9月19日から22にちは技術会議の Verge 2016が同じくサンタクララ・コンベンションセンターで開催されます。(http://santaclaraconventioncenter.org/convention-calendar/)

そして、9月19日から22日までは いつも大掛かりなOracle OpenWorld 2016が Moscone Centerが開催されます。そして、 9月の後半ですが、第10回目のHealth 2.0のイベントが25日から28日まで、サンタクララ・コンベンションセンターであります。28日から29日にはサンノゼ・コンベンションセンターでロボットの ROBO Businessが、 同じサンノゼで30日から10月1日まで、 Wellness, Health & Fitness industryの会議があります。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.07.29更新

               San Jose Convention

 後追いになってしまうイベントも含めてしまったのですが、7月後半と8月のイベント情報でございます。ベイエリアでは夏になると、ITやビジネス系のイベントが幾分少ないように感じます。7月4日の独立記念日周辺にプライベートで旅行する方も多く、学校がお休みになるので、家族で夏休みを取る方が多いせいかもしれませんね。

 7月18日〜7月20日 Wearable TechCon サンノゼ・コンベンションセンター セッションやトレーニング、エキスポがあり、基調講演はインテル・セキュリティのギャリー・デイビス(Gary Davis)氏らでした(http://www.wearablestechcon.com/keynotes)。

 7月30日〜7月30日 AC Milan対Liverpool FC  Levi’s スタジアム インターナショナル・チャンピオン・カップが午後7時からサンタクララで始まるそうです。 http://www.levisstadium.com/event/liverpool-fc-vs-ac-milan/

7月31日〜7月31日 (映画)東北友 サンノゼのジャパニーズ・アメリカン・ミュージーアム 午後1時から3時までだそうです。http://www.jamsj.org/jamsj-news-item/2016/7/retro/1/tohoku-series-tohoku-tomo-film-screening/

 8月09日〜8月11日 フラッシュ・メモリー・サミット サンタクララCC 基調講演はEMC、シーゲート、東芝、サムスン、ファーウェイなどのエグゼクティブです。http://www.flashmemorysummit.com

8月16日〜8月18日 インテル開発者フォーラム2016 IDF2016  Moscone West 今年は6200人の参加が見込まれております。 http://www.intel.com/content/www/us/en/intel-developer-forum-idf/san-francisco/2016/idf-2016-san-francisco-registration-information.html

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.07.23更新

               Poke Dates

  昨日から日本でもPokémon Goが始まり、マックバーガーなどを食べながらプレーできるとお聞きしました。おめでとうございます。約2週間前に先行して始まったアメリカでのPokémon Goですが、その人気に乗じて色んな派生サービスが出たり、イベントが起きてますよ。

 サンフランシスコでは7月20日に8千600人がサインアップしたポケモンのミートアップ(コミュニティで集まる会合)がありました。 2万4千人が参加に興味を示すほどの反響の大きさで、人々は夜6時半過ぎからスマホを持って行進しました。こうした人々を狙って、サンフランシスコ市内のレストランやバーはポケモン・トレーナーはビールが4ドルとか、「Pokemon」というコードで2ドル安くなるとか、ポケモンのチームの色にあわせたドリンクなどいろいろなプロモーションを行いました。

 また、1日に1億6千万円がアプリ内課金で集まってくるといわれるPokémon Goですから、 「仕事が終わった後、1日8時間以上歩いて集めた」と言ってポケモンを集めた自分のアカウントを、 ポケモンが集まっていない始めたばかりのプレイヤーに売る人も現れています。ポケモンキャッチに賃金を要求する人とかも、サンフランシスコ市では出てきております。

 同じ20日、シカゴのスタートアップでデートサイトのProject Fixはポケデートを始めました。なんと!その日のうちに9千人以上が登録したそうです。最初は見知らぬ者同士ですから、ポケモンをネタに会話するんでしょうか(https://www.projectfixup.com/pokedates/)。バージニア州ではポケモンを追いかけるタクシー会社、ポケモンゴーキャブ(Pokemon Go cab)が18日からサービスを開始し、最初の1時間は25ドル(それ以降は15ドル)で動いてくれるそうです。カリフォルニア州サンノゼでもピカ・スピード(Pika Speed)というポケモンゲットをサポートしてくれる車のサービスが実施中です。6時間300ドルと高いのですが、ドライバーはレベル23というポケモン・マスターに程近い方なので、色々なアドバイスを頂けるそうです。ケンタッキー州ではダービー美術館(The Kentucky Derby Museum)で、レース・トラック上でのポケモンゴー・ツアーを15ドルで売り出し中です。同様のツアーがテネシー州のナッシュビル(こちらは1時間半で45ドル)でもあります。サンディエゴのツアーは街中であり、7月24日まで開催されております。同ツアーは午後2時から6時までで、24ドルです(https://www.eventbrite.com/e/san-diego-pokemon-go-tour-tickets-26575692612)。

 食べ物関係でも、レストランやパブなどにポケモン同士を戦わせるジムや、アイテムがゲットできるポケストップが近いと、売上げが急に伸びているようです。ニューヨークのレストランの中には、ポケモンを呼び寄せるルアーモジュールというツールに10ドル支払って、ポケモンを誘き寄せて売上げを75%アップしたそうです。同じニューヨークのドーナッツ屋さんで、中にクリームが入ったモンスターボールそっくりのドーナッツを販売し、お客さんが2割増えたそうです。スーパーや不動産会社でも物件がポケストップと紙を張り出しているところまであります。

 これから日本でも、アメリカで起きているようなPokémon Go現象が起こるのでしょうか。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.06.04更新

          Kenneth Lin

 暑くなったり、寒くなったりと移り気な天気を迎えているベイエリアですが、今週末の6月4日と5日は、ベイエリア・ブック・フェスティバル(Bay Area Book Festival)が、朝10時から夕方の6時まで、バークレーのダウンタウンでありますよ(http://www.baybookfest.org)。ベイエリア在住の小説家だけでなく世界から小説家たちが集まって、プレゼンやパネルディスカッションをやるそうです。週末のUC(カリフォルニア大学)バークレーの周辺のストリートは、同イベントで閉鎖されるので、参加なさりたい方はBART(バート)とか、バスとか、公共交通機関を使った方が良いような感じがします。

 バークレーから車で約30分、バートとかだと1時間前後で着けるサンフランシスコのモスコーニ・センター。同センターではでは6月6日月曜からデジタル・ヘルス・サマー・サミット(Digital Health Summer Summit)が8日水曜日まであります(summersummit.digitalhealthsummit.com)。 初日はDr. Shafi Ahmed(シャフィ・アーメッド博士)が、外科手術用のVR(Virtual Reality)プラットフォームを壇上から見せてくださいます。時期的に重なるのですが、同じサンフランシスコで、ナスダック・起業センターでクレジットカードの信用情報を簡単にチェック出来るCredit Karma(クレジット・カルマ)のCEO、ケネス・リン(Kenneth Lin:上の写真の方)さんの講演がありますよ。アメリカでクレジット(信用)スコアが悪いと、お金を持っていても、ローンが借りられないどころか、仕事が得られないこともあるほど重要なものなのですが、同スコアがどうなっているのか本人が探し出すのに、とても手間暇がかかっていたんです。でも、Credit Karmaを使えば、無料でモバイルでもパソコンからでも、自分のクレジット・スコアが調べられるんですから、同社は伸びに伸びて快進撃中です。昨年までのKarmaの利用者は4千万人とかでした。

 次週の14日から16日までは、大手ビデオゲーム見本市E3(Electronic Entertainment Expo:エレクトロニック・エンターテイメント・エキスポ)が、ロサンジェルスで大々的に開催されます(http://www.e3expo.com/takeover)。 そして入場制限があるのですが、13日から17日まではアップルのWWDC(Worldwide developers conference)が、モスコーニ西館 (Moscone West)とビル・グラハム・シビック・オーデイトリアム(Bill Graham Civic Auditorium)で開かれます。

 翌週の21日火曜からは、サンノゼのコンベンション・センターで、Sensors Expo & Conference(センサーズ・エキスポ・コンフェレンス)が、木曜の23日まで開かれます(www.sensorsexpo.com/)。ベイエリアは本当にイベントが多くて、最高です!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.18更新

                      eventinmay2

 夏めいてきたベイエリアですが、5月12日まではサンタクララ・コンベンションセンターでappworld、Wearable World Congress、future of connected carsという3つの団体が集まり、Internet of Things Worldを開催したことは既にこのブログで書きました。ここではそれ以降の後半戦のイベントについてです。今日5月17日(西海岸太平洋時間)はベイブリッジの麓のPier 26で、「eCommerce Growth Marketing for Startups」というミートアップが、午後7時15分から午後10時30分まであります。グーグルのアナリティックスをEコマースに活用する方法やE メールによるマーケティングが話し合われるそうです。 メディカル系のイベントでは、5月18日に終わるのはATS (American Thoracic Society)国際会議です。13日から1万4千人の胸郭や睡眠関連の臨床医や研究者を集めて、モスコーニ北館&南館でトレードショーとコンベンションがずっと行われています。ATSのイベントのサイトは以下のとおりです。http://conference.thoracic.org

 5月19日は午前9時半から11時まで、ナスダック起業センターで、ベンチャー・キャピタリストのObvious Ventures共同設立者ジェームス・ホワキン氏がスタートアップに投資を集める方法について講演します。ホワキン氏は80年代にクリアビュー・ソフトウェアを設立し、アップルに吸収されてから同社で6年間エンジニアでした。同日の夜午後6時からは大型小売店ターゲットのIoT製品の場、オープンハウスでモバイル・フォーカスというイベントが招待客限定で開かれます。20日金曜から 22日の週末にかけては「作ってみました!見て下さい」系の大型イベント、メーカーフェア・ベイエリア版がサンマテオで開催されます。大混雑するので、地元の方は不便でも車で行かない方が良いと思います。 21日から27日までは米国電気電子学会の IEEEがIMS2016 (International Microwave Symposium)をモスコーニ南館で開催します。そのサイトは以下のとおりです。http://ims2016.org また、同時期に隣接してでしょうか、モスコーニでSID(Society for Information Display)がディスプレィ・ウィークを開催します。http://www.displayweek.orgが、そのサイトです。以上のようにイベント追っかけも、結構大変でございます。(写真は記事と直接関係ありません。)

                      Event in May

投稿者: Ayako Jacobsson

前へ