2016.08.30更新

               deep learning

AI(人工知能)で頑張っているのは、アメリカばかりではありません。日本企業もAIで色々な取り組みを行っています。先週金曜、サンノゼ国際空港にほど近いNTTのオフィスで、Preferred NetworksのCTO(Chief Technology Officer)、久保田展行氏のIoTに深層学習(deep learning)を活用した講演がありました。

深層学習とは人工知能の分野の一つである機械学習で用いられる手法の一つです。Preferred Networksは今年1月のラスベガスでのCESで、トヨタのブースの中で 複数の車のロボットがぶつからないように自動走行で学習した例を参加者に見せました。人間があらゆる道路などの状況に対し、車の動きを設計するのは大変で、軌道変更もできなくなります。人が設計する制御プログラムは一切なく、自走する車に道に沿って早く動いた時はプラスの報酬を、壁や他の車に ぶつかるとマイナスの報酬を与える強化学習で、車自体が制御方法を学びました。

車はセンサーを使って、自分の現在の状況を認識し、近距離と遠距離のセンサーからの情報を統合して、アクセル、ブレーキ、左右ハンドル、後退など適切な判断を次第に強化学習していきます。そのアルゴリズムはQ-learning + ε-greedyというアルゴリズムだそうです。Preferred Networks の松元氏によれば、Q-learningでは、ある状態sである行動aを取った時、どのくらい報酬が得られそうかを表す関数Q(s,a)を学習するそうです。深層学習技術が最近、とても進んできたので、大掛かりなニューラルネットワークの学習ができる要因あったそうです。

強化学習で得られた走行技術は、人が考えている以上のケースがあったそうです。 交差点で、ロボット車は 交差点では車両間隔をあけるために後ろがあいているなら少し後ろに下がるそうです。なぜなら、ロボット車は周り全部同時に見れるからだそうです。 将来、強化学習や機械学習を利用することで、実装を部分的に自動化ができたり、AIがプログラムやプログラミングというタスクを置き換ってやる可能性があるかもしれない。プログラマーではなく、報酬設計職人という新しい職業が出てくるのではと、久保田氏は思い描いていらっしゃいました。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.10更新

        ローラとジェシカ

 女性天文学者の名前を冠したアニー・キャノンズはスタンフォード大卒の弁護士ジェシカと同大のイースト・アジア学修士号を持ち、中国語が話せるローラ、ソフトウェア・エンジニアのアイセグルらで運営される非営利団体です。人身売買(ヒューマン・トラフィッキング)で生き残った女性たちに、コードの書き方を教えて、経済的にも社会的にも自立させることを目的とする組織です。フルタイムで関わっているローラは、ビルマ女性と子供たちが中国に売られることに対処したり、米国内ではサンフランシスコ警察の特別犠牲者部隊と共に、ベイエリアの人身売買の問題に取り組んでいます。

 アニー・キャノンズを始めた二人の設立者のジェシカとローラですが、そのうちジェシカが設立を思い立ったきっかけは、企業内弁護士として働いていた時に嫌な思いをしたからだそうです。ジェシカがアイディアや案件を事務所内で言っても採用されないのに、男性の同僚が同じことをいうと採用され、女性だから雑用を頼まれことが結構ありました。そこから思いを馳せ「社会では女性たちがもっとひどい目にあっているのでは」と彼女は考えたのです 。そんな頃にローラとブレインストーミングして、 アニー・キャノンズを設立しました。「人生はたった1度しかない。お金を追いかけるのじゃなく、意義のあることをやりたかったの。」ジェシカは世界の貧しい人たちが人身売買で米国にやってきて、子供を持つ母となり、自宅からコーディングで生活を支えていけるようにと、制度的にも整えようと日々頑張っています。そのうち、犠牲者たちの出身国で彼女たちがコーディングの教師になって、ひいては国家経済に貢献出来ればという、ビッグ・ピクチャーも持っています。 アニー・キャノンズのサイトのURLは以下のとおりです。http://www.anniecannons.com

       ジェシカ

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.04.21更新

      インテル

  インテル・インサイドでお馴染みの世界企業インテルが、社員の1割以上に相当する1万2千人を、これから削っていくそうです。インテルのリストラクチャリング は、パソコン向けの事業からデータセンターやIoT(モノのインターネット)に事業を移すという、ブライアン・クルザニッチCEOの固い決意が背景です。

      インテルCEO

  インテルのデータセンター事業は今年第一四半期の1兆5千70億円の売り上げのうち、なんと今や約3割を占めるほど伸びています。IoT部門も全体に占める割合は4%と小さいとはいえ急成長しており、前年の同じ時期と比べて2割以上の売り上げを伸ばしています。 反面、クライアント・コンピューティング事業は売り上げの6割台から5割台とへと減ってきているのです。古くはIBM、ソニー、HPとパソコン事業から離れていく企業が続出なのは、世界でのパソコン出荷が減っているからでして。米IT調査企業の ガートナーによれば、2015年の第一四半期と比較すると約9.6%も出荷台数が落ちたそうです。パソコンを買うより、世界市場では携帯を買うのがトレンドのようです。

      ガリレオ

  これから5Gのモバイルやロボット、人工知能、運転しなくても良い車とか、次々に進化していく技術の世界に対応するため、色々な企業の動きがありそうです。我々労働者も知的武装をどんどん進めないとヤバイことになりそうです。皆さん、リストラ対象にならないように、頭を使って頑張りましょう!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.04.20更新

    食事が決め手

 前回は求職しているデベロッパーの立場からの記事でしたが、逆の立場として、優秀なデベロッパーを雇いたいという企業採用者はどうすれば、能力のある学生を魅了できるかを少し書かせてください。 アマゾンから働かないかと言われたカリフォルニアの電子工学専攻の学生が、シアトルに向かいました。もちろん飛行機代はアマゾン持ちです。サンフランシスコ国際空港に戻ってきた学生は「絶対に働きたくない」と断言しておりました。その理由はランチ代を自分で払わなければならない!と、驚いたからです。シリコンバレーのベイエリアでは、ソフトウェア・エンジニアが求職の条件に、フリー・フードを条件に入れるケースが多いです。デベロッパー関連のミートアップやイベントでも、最低ピザとビールが出るのがほとんどです。グーグルの美味しい無料フードは有名ですし、スタートアップでもスナックやソーダ程度は用意しているのがシリコンバレー企業。コード書きで忙しく、料理などに時間を無駄にしたくないのでしょうね。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.04.19更新

            ヤングデベロッパー

 グーグルで働きたいと思った某有名大学で電子工学と認知科学を専攻する大学2年生が 、9月にグーグルのサイトにアクセスし応募しました。スカイプやEメールで選別された後、技術や技術以外の質問があって、グーグルの採用担当官らとの直接面接など合計約6回の面接の後、インターンシップを得ました。グーグルでインターンとなるのは、スタンフォード大学やハーバード大学に入るより、困難という話もあるほどです。同学生はソフトウェア・エンジニアのインターンとして、グーグル・オート(グーグルの自動車向けOS部門)に配属され、 月に7千ドル前後の給与を得ました 。それ以降、夏休み(アメリカの夏休みは学年の最後にあって、約3か月と長いです)の度にグーグルでインターンシップを続けたのですが、インターンシップが始まる前に常に数回の面接があったそうです。卒業を控えての本採用の時は、既にインターンとして実力を見せていたにもかかわらず、約5回の面接が行われたそうです。同学生は今、グーグラーとなり、年に約1千5百万円を得ています。グーグルでインターンシップを得るには、早い時期の6月頃から応募するのが決め手とのこと。 シリコンバレーで有名な企業で働いている人々が最初に仕事を得るきっかけは、上記のようにインターンシップから入っているケースが非常に多いです。知り合いの元HPの副社長もUCLAでコンピュータ・サイエンスを専攻する学生時代、同社でインターンをしていました。 ただ、インターンと称して、学生たちにタダ働きさせる企業もあるそうですから、飛び込む前に先輩に聞いたり、ネットなどでよく調べた方が良いのはアメリカでも日本でも同じことでしょう。お気をつけください。

投稿者: Ayako Jacobsson