2016.11.23更新

 最近のシリコンバレーはAI流行りで、人工知能関連のイベントやミートアップが目白押しです。9月にグーグル、アマゾン、フェイスブック、IBM、マイクロソフトが人工知能の普及促進団体のPartnership on AIを設立し、10月にはセールスフォースの年次イベント、ドリームフォースでは人工知能をCRM(顧客関係管理)に組み込んだEinstein (アインシュタイン)が出ました。11月7日から3日間はサンフランシスコ(SF)で、AI World (http://aiworldexpo.com)が開催され、好評でした。アマゾンのエコーを使ったアレクサのデモから、マイクロソフトの自然言語処理AIのルイス、そしてグーグルに買収されたAIのスタートアップapi.ai、AIによるロボティックスのデモなど盛り沢山な内容で、現在進行形のAI事業を知るには最適なイベントでした。

 翌週17日にはインテルがArtificial Intelligence DayをSFの目抜き通り、マーケットストリートにあるショッピングセンターの4階で開きました。クラーザニッチ(Krzanich)CEO、上級副社長のブライアント(Bryant)さんなどエグゼクティブや多くの著名ジャーナリストが集まった会場で、AI向けのプロセッサやアクセラレータ、コンパイラーなどを発表しました。インテルはAIを実行するデータセンターのサーバーの97%を占めているそうです。しかし、それ以上に驚きの発表はインテルとグーグルの提携です。グーグル側がAIのソフトウェアともいえる、C++やパイソンなどでニューラルネットワークを構築できるテンソーフロー(TensorFlow)の開発を進めていく戦略も明らかにしました。ヘルスケアのパネルディスカッションでは著名病院のIT関係者たちの討議に続いて、各産業界へのAIの影響をインテルIoT担当のマッカーソン(McCarson)さんの司会で話し合われました。

               IntelAI

 ベイエリアでのデベロッパー向けのミートアップでも、AIのイベントが増えてきております。シリコンバレーの百度のAI研究所では、リンクトインやセールスフォースとディープラーニングの重要責任者たちがパネルディスカッションを行いました。

               Baidu

 1956年にダートマス大学助教授のジョン・マッカーシー氏が人工知能の名付け親だそうですが、コンピューティングパワーが向上した上に安価になり、同時に言語理解が進み、深層学習のディープラーニングで最近一挙に盛り上がっている状況です。自動運転だけでなく、 ワシントンポストがリオ五輪の試合結果を人工知能でツィッター配信したり、株式市場をAIがレポートするなど、様々な分野で使われるようになっています。

 映画で古くは2001年宇宙の旅の人工知能HAL(ハル)、I,Robot(アイ、ロボット)、アイアンマンのJ.A.R.V.I.S.(ジャービス)、Ex Machina(エクス・マキナ)とか色々ありましたが、これからAIはどんな方向で使われていくのでしょうか。デジタル化が進み、皆がスマホを持つようになり、データ集めが簡単になっている昨今、討議を進め、考えながら、人に優しく、明るいAIを目指したいものです。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.11.01更新

 

 南アフリカ出身で、カナダからペンシルバニア大学、そしてスタンフォード大学院に進んで2日で退学し、ペイパルを設立した起業家のイーロン・マスク氏。テスラ・モーターズだけでなく、宇宙船開発のスペースXのCEO、そして太陽光発電会社ソーラーシティでは会長としてリードされております。

先週テスラ・モーターズの第3四半期(7月から9月)の決算が発表されましたが、売上が23億ドル、そしてアナリストの予想を裏切って、純利益が2190万ドルと3年ぶりに黒字を出しました!本当におめでとうございます。

マスク氏の次の新しい事業は何でしょうか?先週金曜28日に、ソーラーシティCEOで従兄弟のリンドン・リーブ氏とともに、ロサンジェルスのユニバーサル・スタジオで共同開発の新製品を発表しました。ガラスの瓦のような太陽光発電の屋根用パネルです。14キロワット発電で5500ドルだとか。これもモデル3みたいに飛ぶように売れるんでしょうかー?ソーラーパネルより確かに見栄えは良いですが。以下、プレス発表時の映像でございます。

Powerwall 2 & Solar Roof Launch from Tesla Motors on Vimeo.

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.28更新

               FB

フェースブックのビジネス向けコミュニケーション・コラボツール、Facebook At Workが来月出るそうです。

セールスフォースのチャター(Chatter)、マイクロソフトのヤマー(Yammer)のようなチャットツールで、Facebook At Work(FAW)が月額どれくらいになるのかまだわかりません。ですが、ユーザー一人頭からのチャージになるそうです。チャターは月15ドルですから、FAWもその前後のお値段なんでしょうね。会社の業務、アイデア、計画などを簡単に話し合え、ビデオもオッケーとか。今、企業500社弱がタダで試験的使用を試しているそうです。

フェイスブックを個人で使い慣れているワーカーが多いですが、どれくらいの方が会社でもお使いになるのでしょうか?私的にも公的にも使れるようになると、フェイスブックのセキュリティ対策が本当に気になるところです。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.27更新

               Yahoo, getting cold feet?

日刊紙NYポストの報道によりますと、2014年に5億人のユーザーアカウントがハッキングされた米ヤフーを4.8億ドルで買収することに逃げ越しになリ、買収を検討中だそうです。噂によるとベライゾン上層部でヤフー買収で意見が割れているのだとか。

また、ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO(最高経営責任者)の報告に問題がなかったか、規制当局が今調査中しているそうです。ベライゾンは先週の火曜まで、ヤフーの情報流出を知らなかったといいます。 こうした中、合併に強気なのはベライゾン傘下のAOLのティム・アームストロングCEO。同氏は米経済テレビ局CNBCで「ヤフーとAOL合併の準備は順調」と述べています。

もしも、両社の買収契約がおじゃんになった場合、ヤフーは145万ドルを払わなければならないそうです。その後は、ヤフー買収に同じく興味を示したツィッターの元に駆け込むんでしょうかー?

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.02更新

 

               Falcon9 Explosion

               Photo:(C)2016 USLaunchReport.com

今日午前9時、スペースXの商業用打ち上げロケット、ファルコン9がフロリダのケープ・カナベラル空軍基地で爆発炎上しました。土曜日の本格的な打ち上げに向けてテストしていた最中のことで、604トンのファルコン9に液体酸素とケロシンを入れていた時、液体酸素タンクから火が出て、数回にわたって爆発しました。負傷された方はいらっしゃらないようです。

ファルコンにはFacebookの最高経営責任者、マーク・ザッカーバーグ氏が打ち上げを心待ちにしていたイスラエル企業スペースコムの通信衛星アモス6も載っていたので、一緒に燃えてしまいました。ザッカーバーグ氏はこの製造費200億円以上の衛星を借り、アフリカの離村にインターネットを普及しようとしていたのです。本当に残念!

イーロン・マスクさんも、がっかりされていることでしょう。テスラ車の事故やら、この爆発でこれからの事業展開大変そうです。スペースXは昨年、空軍から軍事GPS衛星の打ち上げを8300万ドルで受注し、2018年5月に打ち上げ予定です。同じ年に宇宙船のドラゴンも打ち上げ予定ですが、これから先どうなるのでしょうか。マスクさんとスタッフの方々は今、原因解明と発射台修理などに既に取り掛かっていらっしゃることでしょうが。爆発の映像は YouTubeの以下のサイトに出ています。https://www.youtube.com/watch?v=_BgJEXQkjNQ

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.27更新

          ベゾスのブルー

スタートレックやスターウォーズの映画やカール・セーガン教授のテレビシリーズのコスモスを見ても、見なくても、地球を超えたところに何があるのかと思ったことありませんか?先日、イギリスのクィーンメアリー大学が、プロキシマbという惑星が、すごく地球に似てた星だという報道がありましたし、宇宙の旅は未知で興味をそそられます。

かつてアメリカでの宇宙開発は、ご存知のように NASA(米航空宇宙局)が中心でした。米ソのロケット打ち上げ競争から、スペースシャトルプロジェクトが終わり、民営企業による低コストの宇宙事業が盛んです 。かつて、セーガン教授が「アポロ計画について「莫大な予算を注ぎ込んで得られた人類の恩恵はヒートテックとテフロン加工のフライパンだけ」とコキ下ろしていましたが、ロケットの再利用するなど、低予算の宇宙事業で手堅いのは、アマゾンのブルー・オリジンでしょう。ライバルのスペースXには5千人以上を雇用中ですが、ブルー・オリジンは約600人のチームで頑張ってます。スペースX設立は14年前ですが、ブルーオリジンは 16年前から設立していて、まるでウサギとカメのようなスロー&ステディぶりが伺えます。

ブルー・オリジンは大型の液体燃料ロケットエンジン BE-4を、ロッキード・マーティンとボーイング社の合弁会社 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス (ULA) に供給予定です。こうして着実に事業を進めながら、2018年には有人の宇宙旅行を目指しています。 同社の最近のロケットランチの映像は以下で御覧になれます。https://www.youtube.com/watch?v=EI-tGVFg7PU

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.26更新

               datapoints lumiata

昨晩のルミアタ最高経営責任者Ash Damle氏の講演と、リサーチから、同社がどんなビジネスをなさっているのかを簡単にまとめてみました。

2013年に設立されたサンマテオ本社のルミアタ(Lumiata)は、医療用人工知能を活用し、データ科学、医療科学などを組み合わせ、 医師や公衆衛生機関に医療上のリスクとケアマネジメントを強化する予測分析を出しています。http://www.lumiata.com

現状ではリアルタイムでクレームの分析や臨床データの共有はできないので、効果的なリスク管理や、質の良い結果を一般的に出せないそうです。しかし、ルミアタには6千万以上の患者の医療記録、33000 万以上のデータポイントや、3テラバイトの メディカル・ナレッジ、 36,000時間に及ぶ医師のレビューなどがあるのが強みです。EHRデータ、クレーム、研究所での結果、センサーなどのデータを、Lumiata Risk Matrix(ルミナタ・リスク・マトリックス)として、時間に基づいた医療グラフモデルを出しています。つまり、時間によって病気のリスクがどうなるのかが分かるというわけです。

同社の技術を使っているのはブルークロス、ユニバーサル・アメリカン、インデペンデンス・ブルークロス、テレメディスンやインテリヴィジットなどのデジタルヘルス会社です。

以上のような成果が評価され、今年5月にはインテルキャピタルから1000万ドルを調達しました。ルミアタに既に投資している他のVCにはブルークロス・ブルーシールド・ベンチャーパートナーズ、サンドボックス・インダストリーズ、コスラ・ベンチャーズなどがあり、有望視されているようです。

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.25更新

              Lomiata CEO

ここ3年、シリコンバレーではAI(人工知能)を使うハイテク企業が増えております。具体的にはアップル、Facebook、グーグル、アマゾン、テスラ、リンクドイン、airbnbなどですが、医療分野ではどうなのでしょう?医師の手術をロボットに置き換えることを除き、ヘルスケアにおける人工知能の技術は、他の産業に比べるとベールに包まれており、これからどうなるのか謎です。

今日はVWareとEMCによって設立されたクラウド系ソフトウエア大手のピボタル(Pivotal:本社パロアルト)で、医療におけるAIに関する講演が午後6時からありました。お話し下さったのはルミアタ(Lumiata)の設立者であり、最高経営責任者(CEO)のAsh Damleさんです。DamleさんはUCLAやMITのAI(人工知能) 研究所やロボティックス研、NASA、米海軍などで働いてきました。研究も米国内に留まらず、欧州、豪州、インド、中国や日本でも行った経験をお持ちです。

Damleさんはヘルスケアでの AIを実践的にどう使うかについて語りました。高度なデータ・サイエンスの技術と、AIを駆使した技術、そして臨床科学で、保健機関へ臨床予測をリアルタイムで提供するそうです。自動的に情報を処理、機械学習で健康に関するデータの複雑な関係を計算し、グラフ化などを行います。私もこの分野はしっかり勉強が必要なので、詳しくはまた、明日お伝え申し上げます。お楽しみに!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.23更新

        FB マーク・ザッカーバーグ

今年1月ラスベガスでのCESに参加した時、ビルの建物に オバケのQ太郎のような黄色と白のスナップチャットの大きなロゴが、ホテル・ルクサーのピラミッドに出現し、話題を呼んでいました 。2011年9月にスタンフォード中退のエヴァン・スピーゲルさんたちが、親の家で立ち上げたモバイルアプリの会社だったんですが、見たら消えてしまう写真共有のアプリが若者たちに受け、最近ホント伸びが凄いですね。日本ではティーンエージャーの間でスナチャと呼ばれて、流行っているそうですね。CEOのスピーゲルさん、いやエヴァン君でも良いかもという感じの1990年生まれの20代でございます。

スナチャにはいろいろな面白い特徴があるのですが、特に受けているのがLIVE STORIESという機能です。 世界各地で開催中のスポーツやイベントを撮影した動画が上がっています。 スナップチャット、これはオモロイとばかり、 SNSの大物フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが買収しよう!とこれまで2回試みております。ご存知のようにフェイスブック(FB)には、先に買収したインスタグラムがあるんですけどね。ザッカーバーグさん、最初は10億ドル、次は30億ドルで。でも、スピーゲルさんはお断りされました。ただ、これからFBの資金力で買収される可能性とか、競争で潰される可能性もなくはないです。スナップチャット、今年の売上げ目標は3億5千万ドルですが、対するFBは260億ドルです。FB子会社のインスタグラムですら2、30億ドルといいますから。

FBはスナップチャットの特徴であるカメラアプリの後追いとか、スナップチャットのLIVE STORIESのように、スポーツ系の番組を取り込んだりとか、色々似たようなことを新規でやっていますが、今のところスナップチャットほど、若者たちに受けてはいないようです。この世代の方々は字を読むより、ビジュアルを好む方が多いですもん。両社の競争、これからどうなるのでしょうか。スナップチャット対フェイスブック、to be continued…

ところで、梅干しがお好きなスーパーモデルのミランダ・カーさんとシュピーゲルさんとのご婚約、おめでとうございます!

              snap miranda

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.03更新

               2016 M&A

2016年の出だしは地味でしたが、買収によるマーケットでの成功例が増えてきたためか、テック企業の買収活動がまたまた活発になってきました。市場での買収成功例といえば、サムスンがモバイル決済技術の米ループペイ(LoopPay)を2015年2月に買収し、磁気伝送技術を手に入れました。よって、サムスンペイは米小売の9割が設置している磁気カードリーダーに無線でカードの番号情報を転送して決済できるようなったのです。また、オラクルは業務用クラウドの老舗ネットスイート(NetSuite)を90億ドルで買収し、クラウド事業の売上げ増を図っています。M&Aを追っていくと、企業の次なる事業戦略が分かります。以下は2016年の主なM&A事例です。

2016年第2四半期のM&A事例

※マイクロソフト、Linkedinを26.2 billionドルで  ※IMS ヘルスとクインタイルズ・トランスナショナル、8.9 billionで合併  ※コンピュータ・サイエンシズ・コープ、HPエンタープライズを8.5billionドルで ベライゾン、ヤフーを4.8 billionドルで  ※シマンテック、ブルー・コート・システムを4.65 billionドルで  ※セールズフォース、ディマンドウェアを2.8billionで  ※セールズフォース、ワードプロセッシングアプリ、クィップ(Quip)を750 millionドルで  ※テスラ、ソーラーシティ2.6 billionドルで 中国の投資グループ、Lexmarkを3.6 billionドルで ※中国の投資グループ、NXPセミコンダクターのスタンダードプロダクツ部門を2.8billionドルで  ※グーグル、スタートアップ3社を買収(画像認識APIのMoodstocks, ビデオ配信のAnvato, リンクで知識を共有するKifi)

2016年第1四半期のM&A事例

※フォックスコン、シャープを3.5billionドルで  ※Tianjin Tianhai 、イングラムマイクロを6 billionドルで  ※マイクロチップ・テクノロジー、アトメルを3.6 billionドルで   ※NTTデータ、デルのペロット(Perot)・システムズを3.1billionドルで   ※IBMトムソンロイターのツルーベン・ヘルス・アナリティックスを2.6billionドルで   ※シスコ・システムズ、ジャスパー・テクノロジーズを1.4billionドルで

投稿者: Ayako Jacobsson

前へ