2017.01.19更新

 ラスベガスで1月5日から8日に開催された(メディア向けは1月3にから)のCES 2017は、例年とは違う色々な基調講演や出展がありました。でもその前におっと!とびっくりしたのは早朝3日に飛ぶ前にサンノゼ空港で、CES 2017にも展示されていた、AIロボットに遭遇したことです。人工知能が現実に普及していることに人々が気づくのより、実際に使われているのが本当に早くなっているようです。

     AIrobot

 サンノゼ空港でおカッパ頭のAI女性マシーンに遭遇。それから、飛んでラスベガスに着くと例年とはCES 2017の参加企業が多いに様変わりしておりました。フェイスブック、グーグル、アマゾンのアレクサ、マイクロソフト、AOL、スナップチャット、ツイッター、ダンキンドーナッツが参加。それだけでなく、船旅のカーニバル・クルーズCEOやプリンセス・クルーズ社長 がロイヤル・プリンセスなどにサービス向上のため乗船が早くなり、客室の鍵にもなるウェアラブルのオーシャン・メダリオンを2018年から導入すると発表したのです。何かハード企業とパートナー化したソフトウエア企業の結婚しての活躍ぶりが本当に目立つんですよ!

 ダンキンドーナツ は会話や注文ができる人工知能(AI)の仕組みを作る必要性を訴えていました。 そして、AIに力を入れているNVIDIA のジェンスン・ファンCEOがトップを切って基調講演を行いました(http://www.nvidia.co.jp/object/ces-2017-jp.html)。シリコンバレーに本社があるNVIDIAはAI やゲーム対応で、株価が1年で3倍に伸びたそうです。同社はアウディと自動運転カーの開発を進めますが、会話型AI のグーグルアシスタントを各製品に導入していました。

 日本から基調講演に参加した日産のカルロス・ゴーン氏はマイクロソフトと提携し、インテリジェントなパーソナル・アシスタントのコルタナ(Cortana)を使い、ネットに繋がるコネクティッド・カーを実現していくことだけでなく、DeNA(ディー・エヌ・エー)と自動運転車の開発を発表しました。 ホンダも、同じようにAIの感情エンジン・HANA (Honda Automated Network Assistant)で運転者の気持ちを人工知能で理解して、コーヒーなどを注文するコンセプトカー、NeuVを出しました。ホンダはソフトバンク関連会社のココロ(cocoro)SBと運転者の感情を理解する HANAの共同開発を行っています。トヨタは今年、水素から電気をつくるハイドロジェンカー ではなく、車を運転する人の志向や気持ちを組むように人工知能を使った愛iという試作車をブースで展示しました。

 大手企業だけでなく、スタートアップもAI関連の製品を多出していました。イギリスのスタートアップのEmotechが出した小さなタイヤのように見えるオリー(Olly)はAI、カメラ、マイクが内蔵されているスマート・スピーカーで、ユーザーの命令だけでなく、感情も分かってくれて、インターネットに接続した自宅内のスマート家電などを制御するそうです。また、VINCIというキックスタータで資金調達を行なっている会社がアンドロイドOSで動くAIのヘッドフォンを発表していました。耳のパッドの内部にモーションセンサーがあって、ヘッドフォンをつけるだけでユーザーの心拍数や動いている程度に応じて、音楽が自動再生される上に、音声認識でも応じてくれます。映像はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=Ien3HrkdUN8 

 ますます、これからの技術的変化を拾ってくれている感のするCESですが、来年のCES2018開催は1月9日から12日です。ラスベガスでお会いできると嬉しいです。今年の読者の方々のご活躍を応援するとともに、こちらのブログも宜しくお願い申し上げます!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.18更新

RightEyeのゴーグルは、視力機能を測定するために、アイトラッキングやゲームの刺激を使用しています。ヘルスケアプロバイダーは、視力を評価し、脳震盪などを検出するため、視力検査を使う ことができます。6ヶ月以内に頭部外傷があったかどうか、視覚を追跡します。医療関係者向けではなく、一般の人々に販売されます。

                                   righteye

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.17更新

 Resound(リサウンド)は、重度から軽度の難聴を持つ人々のためのスマートな補聴器やアクセサリーを出しました。「Resound LiNX2」は、 iPhoneアプリを経由して聴力を制御できる補聴器です。 iPhone 、 iPad、またはBluetooth経由でアップル・ウォッチに接続できです。電話がかかってきても、補聴器を外す必要がなく、アップル・ウォッチのアプリで調整して電話に応えたり、ヘッドセット無しで補聴器から音楽を聴くことも出来ます。

                      resound

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.17更新

 フランスのZhor Techはスマート靴をCESに出展しました。スニーカーとハイヒールで、そのDigitSoleの靴は、足の大きさに応じて調節することができます。足を温めたり、 ステップとカロリーを測定します。ワイヤレスで充電し、互換性のあるモバイルアプリにBluetooth経由でデータを送信します。靴の希望小売価格は$ 450で、今年後半発売予定です。

                                    Zhou

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.13更新

  LumiWaveは、スポーツや運動、あるいは日常の活動で慢性的な疼痛を持つ人々への赤外光療法を提供します。赤外光は、組織を貫通し、自然な疼痛を緩和します。各治療セッションは、約20〜30分間で温度は制御されています。

            LW

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.13更新

  ウェアラブルではないのですが、エピペンを入れる VETAのスマートケースは、ブルーツースで 緊急時に役立ちます。エピペンケースには携帯アプリがあり、患者とその家族、友人、または介護者によってそのアプリをダウンロードすることができます。アプリは、接続するだけでなく、ペンの最後の既知の場所が表示されるFindMeなどの機能が付属しています。薬の有効期限などを表示します。VETAケースは、今年の第1四半期のプリオーダーでき、$ 59で、アプリは無料です。

 

A

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.12更新

 フランスのヘルス機器会社Withingsは、体重計のWithingsスケール、 赤外線温度計などを発表しました。口や脇の下に挿入するよりも、側頭動脈の温度を測定します。ユーザーは、 温度計を自分の頭の横に保持し、16の独立した赤外線センサで、放出される熱を測定​​します。 接続されたアプリは、AppleとAndroidの携帯電話の 両方で利用きるようになります。彼らは、Sパッチと呼ばれる胸着用ECGプロトタイプデバイスでバイオプロセッサーのデモを行いました。

            Withings

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.12更新

  オーストリアのデジタル・ヘルス会社のmySugrも、ValidicのVitalSnapと同様の製品を出しています。アイルランドの医療用デバイス会社Medtronicとシカゴ本社のヘルスケア会社Abbottと提携し、スマホのカメラから光学式で血糖値を読み取るアプリを出すそうです。

               myS

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.11更新

  ノースカロライナ本社の ValidicはVitalSnapと呼ばれる新技術を発表しました。 非接続のデバイス、VitalSnap から、 スマートフォンのカメラを使って、光学式文字認識で写真を撮るのではなく、血糖測定、血圧など読み取ったデータをデジタル化します。得たデータをアプリ内に記録し、医療関係者などに送信できます。

                              ValidicVitalsnap

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.02.11更新

 カリフォルニア本社の健康機器メーカーiHealthは、血圧モニタ、ワイヤレス体重計、グルコース監視システム、フィットネス・トラッカーなどの医療機器を構築しています。 同社はCESで心臓の活動を記録し、 iOSアプリにデータを保存するスマートな心電図「iHealthリズム」を展示しました。三電極パッチや平坦記録装置クリップを胸骨に着用し、 72時間心臓の活動を測定することができます。iHealthリズムを身に着けている間、患者は、何かおかしいと感じた時は注意ボタンを押せます。すべてのデータは、医師と患者のためのiHealth Proのアプリに記録され、iHealthクラウド上のストレージは無料です。 iHealthリズムは、医師によってのみ配布され、消費者に販売されます。価格情報は未発表で、今年後半の発売を目指しています。

            health

 

投稿者: Ayako Jacobsson

前へ