2016.08.05更新

               TenslorFlow

TensorFlowはマシーン・ラーニング(機械学習)のためのオープンソースのソフトウエアのライブラリ(汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でまとめたもの)です。アンドロイドの音声認識、検索のランキング、Google Photosの画像分類、自然言語処理などに使われており、グーグル製品やリサーチにも使われています。開発はグーグル・ブレイン・チームで、昨年の11月に最初のリリースがありました。使われている言語はPython やC++で、プラットフォームはリナックス、Mac OSXです。

TensorFlowは一夜にして出来た訳ではなく、エボルーションではないですが、機械学習のシステムの前身(第一世代)DistBeliefがありました。グーグルマップ、グーグルの広告、ストリートビュー、YouTubeなどグーグルのコマーシャル製品には、ディープ・ラーニングのDistBeliefが使われております。コンピューター・サイエンティストのジェフリー・ヒントン博士やジェフ・ディーン博士らが率いるチームが、コードのベースを簡素化し、高速化を図り、ニューラルネットワークの誤差を減らしました。例えばグーグルの音声認識ソフトのエラーを少なくとも25%減らすことに成功したそうです。

ディープ・ラーニングの第2世代、TensorFlowは、リナックスやMac OSXのパソコンやサーバーだけでなく、アンドロイドやアップルのiOSなど、モバイル上でも動作します。人間がトライ&エラーで推論し、試して学習していくように、行列演算を繰り返し、機械が自分で自動調整し、学んでいくニューラルネットワークです。パターンや相関を検出して解読していき、認識結果を得ます。

シリコンバレーでは多次元配列を扱う数値演算フレームワークのTensorFlowをダウンロードし(https://www.tensorflow.org)、それを基にアルゴリズムを書くディベロッパーが増えています。グーグル本社でTensorFlowの講演を昨晩行ったディビッド・クラーク(David Clark)さんもパロアルト・サイエンテフィックというスタートアップで働くデータ・サイエンティストです。

カリフォルニア大学アーバイン校のマシーン・ラーニングのワインに関するデータセットを使い(http://archive.ics.uci.edu/ml/)、TensorFlowの使い方を皆に見せました。デイビッドさんは「Employing routines from the Python libraries Pandas and Seaborn, I model the data using logistic regression in Skflow. Talking about TensorFlow, where I use a softmax regression model and cross entropy to minimize the gradient descent. 」そして最後にデイビッドさんはTensorFlowのモデリングをビジュアル化するツールのTensorboardのデモンストレーションを行い、会場の皆から拍手と声援を浴びてめでたく講演を終えました。彼のスライド他の情報は以下のギットハブをご覧ください。https://github.com/dmclark53/tensorflow-and-machine-learning

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.04更新

                  TensoFlow

 今日はグーグル本社でテンソーフロー(TensorFlow)のイベントが、午後6時から午後9時までありました。講演のタイトルは「Technical Introduction to TensorFlow!」です。

 会場の収容人員350人を超える人気で、ウェイティングリスト待ちで入れない人がたくさんいらっしゃいました。でも、なかなか講演が始まらないので、待っている間にポケモンゴーをちょっと試したところ、ネズミのRATTATAがいました(体重3.5キロ、身長0.3メートルの歯出しのネズミ君は、ポケモンゴーの日本バージョンではどう呼ばれているのでしょうか)。

 最初の講演はグーグルのデータ・サイエンティストのジェン(Jen Hsin)さんで、数式的な観点からデータとそのモデルのことを説明されました。次にディッド・クラーク(David Clark)さんが、会場に集まった人々にワインのデータセットを、テンソーフローで解析する方法を見せました。テンソーフローに関する詳しい内容はまた、明日ご報告しますね(時差の関係で午後11時半近くなのですいません)。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.07.21更新

               Google Cloud

 アマゾンのウェッブサービス、AWSに対抗し、グーグルはクラウドのプラットフォームで、新たに東京を含む12カ所に、今後2年でデータセンターを作るそうです。米国内では昨年、ノースキャロライナ州に広大なデータセンターをグーグルが開設しましたが、西部地域はオレゴン州のデータセンターを更に拡大することで、カバーするとのことです。現在のグーグルのデータセンターは、米国内に8カ所、米国外に7カ所とトータルで15か所です。グーグルのデータセンターの場所は以下のサイトで確認できます(https://www.google.com/about/datacenters/inside/locations/index.html)。

 対するアマゾンのAWSは東京に3か所、世界全体で35か所です。米国のオハイオ州、カナダのモントリオール、英国、中国に更に新設するそうです。詳しくは以下のサイトをご覧下さい(https://aws.amazon.com/about-aws/global-infrastructure/)。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.19更新

       AIとGoogle

 今日5月18日からグーグルの本社(マウンテンビュー市)で20日まで、Google I/Oが開催中です。西海岸だと午前10時から始まるのですが、日本だと夜中の午前2時からですから、YouTubeのオンライン・ビデオでご覧になれれば良いですね(https://events.google.com/io2016/)。ご存知のようにI/Oの人気が高いため、数年前からチケットが抽選です。しかし、そこは利便性を重んじるシリコンバレー。抽選に外れたり、仕事で行けない、あるいは遠いから面倒くさいと感じたデベロッパーの方々のために、あちらこちらでGoogle I/O関連のミートアップが本日開かれてもおります。 グーグルのサンフランシスコ・オフィスは海沿いのエンバカデロ側、眺めの良いスピア通りにあるのですが、Google I/O Extended SFというミートアップを今日午前9時から開催しております。SF界隈の開発者たちで基調講演やグーグルが選んだ講演をライブストリーミングで見て、盛り上がろうという意図です。主催はグーグル・デベロッパーズ・グループで、メンバーは3千4百人以上いらっしゃいます。同グループはI/Oが終わった後の26日に、念を入れて同イベントの映像を流しながら、生グーグラーも参加して、今回発表された新製品にお話しするそうです。残念ながら、収容キャパがあるため、ほとんどのメンバーが参加できない模様です。はい、私も4月頃から申し込んでいるのですが、ウェイティング・リストでございます。

 「え、今年のGoogle I/Oに参加できないの?じゃ、8月1日からボストンに来ない?」どこからそんな情報を何処から得たのか、唐突なメールが来ましたよ。Google I/O参加を公式に拒絶されたコピーを送ってくれたら、ボストン・シェラトン・ホテルで4日間開催されるアンドロイド・デベロッパー・コンフェレンスへの参加パスを、 Google I/O参加費と同じ価格でお売りします〜。へぇ、何てこっちゃ的なマーケッティングをしてくる、I/O便乗イベント屋さんもいらっしゃいました。 昔、2000年前後には私のような者でもGoogle I/Oに簡単に入れたんですけどね(ちなみにGoogle設立は98年です)。ファウンダーたちや、今はヤフーCEOのメリッサさんにお気軽に質問や話が出来たんですが。未だに当時のGoogle I/Oロゴ入りTシャツが、タンスの中で 生きております(パジャマでも着ないほど、廃れておりますが)。悲しいかな、スタートアップ時は、どの会社も知り合ったどんな人でも(イーロン・マスクさんだって)大切にしてくれるものですよ。

      グーグルホーム

 そうこうしているうちに基調講演が始まりました!会場では“凄〜い新製品”とばかり、Devの皆さまが盛り上がっております。そうでしょうよねー。写真に書き込みや、メッセージを大きくしたりとか、ラインで使っているような絵文字も出てきたし、ある意味画期的なアプリ使用でも、まぁ(当初は?)無料ですもんね。 新製品のグーグル・アシスタント、 グーグル・ホーム(Google.com/home)、VR(バーチャル・リアリティ)関連のDaydreamやすっきりしたコントローラーまでが出てきました。パートナー企業から新しいVRヘッドセットがこの秋に出るとか。ですが、Daydreamが使えるスマホの会社が中国、韓国、台湾、フランス系(Huawei、 ZTE、 Samsung、 LG、 Asus、 HTC、 Alcatel)で昔アンドロイドと仲良しだったXperiaは一体どうなったのでしょうか?

 ともかくも、グーグルはデベロッパーの方々が使える今日から解禁のAndroid Wear2.0、Firebase (firebase.google.com) Alloも基調講演で、出してきました。 基調講演の最後では、クラウドコンピューティング、そしてバックボーンのAI(人工知能)の重要性をサンダー・ピチャイ氏が強調されました。う〜ん、流石頑張っているなと。もし私がデベロッパーなら、iOSより、アンドロイドの方が面白そうと飛びつきそうです。近所の小生意気な女子大生さんがApple WatchとiPhoneを最近アマゾンで売って、アンドロイドのスマートフォンに買い替えた理由が、このI/Oで少し分かるような気がしました。

  ちょっと話は飛びますが、今更ながら創造的でないとされる単純な仕事は、マシーン・ラーニングによって置き換わり、消えていく行く運命と現アルファベットのトップの方々はおっしゃっているようです。そうなっていくのでしょうか、あるいはテクノロジーが我々人間をサポートして、幸せにしてくれるのでしょうか。私事ながら朝急いで出かける時、Apple WatchがiPhoneの場所を教えてくれることに、とても感謝しています。そう、そうなんです!お役立ちのための人間からの制御が、コンピュータの基本だということを忘れないで、賢いグーグラーの方々にAIを進めていってもらいたいと思います。我々ユーザーは、飼い犬に手を噛まれないようにLet's Watch!であります。

       I/O会場

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.04.22更新

                                             Google logo

   グーグルの持株会社のアルファベット(Alphabet)が4月21日、2016第1四半期(今年の1月から3月)の決算を発表しました。売上高が202億5700万ドル、純利益は42億7百万ドルでした。
  最高財務責任者(CFO)のRuth Poratさんは、「前年(172億6千万ドル)より売上高が増え、とくにモバイル検索が好調」と述べております。グーグルの広告収入は16%以上増えて、広告クリック数が前年同期比で約3割の増加でした。 しかし、オンライン広告の伸びが遅くなっているので、クラウド・サービスなどに力を注いでいます。Google CEOのSundar Pichai氏はクラウドや「クライメート・チェンジや癌研究に使われるAI」のことを強調していました。
  アルファベットは子会社の手術ロボットを開発中で生命科学研究のVerily(元グーグルライフサイエンス)、グーグル・ファイバーなどへの投資を増やし、 約2300人社員を新たに採用しています。
 以下のURLでQ1 の2016Earnings Callが聞けます。https://www.youtube.com/watch?v=I9Q4_IhOpYM

                   2006 Q1 Earnings

投稿者: Ayako Jacobsson