2017.03.01更新

           シネクエスト1

 サンノゼ市で 90年から毎年開催されているシネクエスト映画祭が、今日から本格的に始まりました。本日2月28日から3月12日まで開催されますが、今年の目玉はシネクエストの共同設立者のハーフダン・ハシ—氏によれば「バーチャル・リアリティ(VR)対応の映画」だそうです。映画好きの10万人がサンノゼやレッドウッドシティに集まっています。

 シネクエストのVRによる映像作りのワークショプで頑張っているのが日本企業です。キャノンが3月3日から、パナソニックが3月6日から映画やゲームをバーチャル・リアリティでどう作るのかパネルディスカッションやハンズオンのワークショップを行います。次世代の映画となるか、VR。このシネクエスト映画祭でどんな映画技術の未来に繋がるのでしょう?詳しいことやチケットはWWW.CINEQUEST.ORGでどうぞ。

           シネクエスト2

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2017.01.26更新

           Ford

 1990年からサンノゼ市で毎年開催されているシネクエスト映画祭。この映画祭が凄いところは映画の出展がパソコンで出来、2月28日から3月12日までの開催中はパソコンで出展された映画が見れることです。今年はCinequest Film and VR Festivalと題し、「バーチャル・リアリティ作品も入り、ノミネート作品などが昨年の365から504に増えました」と、シネクエストの共同設立者のハーフダン・ハシ—氏。バーチャル・リアリティ対応の映画は未だ少ないですが、VR映画製作に関する講義も行われるそうです。3月にグーグルアースによる東京の街からヨセミテ、イタリアなど世界を駆け巡るVRやオールケミー・ラボのロボットが人間の仕事をするようになったらというジョブ・シュミレーターなどのバーチャル・リアリティ映像がサンノゼのダウンタウンにあるフェアモント・ホテルの会場で体感出来ます。
 自宅でネットからダウンロードして、映画が自由に見れるものの、ベイエリアにはセレブが溢れるので、訪れてみると楽しいかもしれません。以前ハリソン・フォード氏がシネクエストで革新的で影響力のある個人に与えられるマーベリック・スピリットアワードを受賞した時に、最初480ドルの週給を500ドルに値上げした話などで盛り上がりました。28回目の今年はシャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライド、ダニエル・ブリュールなど、俳優がベイエリアにやってきます。映画制作者だけでなく、映画好きな人々が50カ国以上から10万人がサンノゼの街中に集まるそうです。ハシ—氏によれば、今年は「サンノゼ市だけでなく、(サンノゼから43キロメートル北で、オラクルやテレビゲーム会社のエレクトロニック・アーツなどが本社を置く)レッドウッド市でも上映」されるそうです。
 シネクエストの後援企業はグーグル、キャノン、HP、パナソニック、シスコ、アドビ、 AT&T、カイザー、サムソン、CNNのVR, ユニティ、サンノゼ市、ヤルプなどで、毎年増えているようです。

            Cinequest

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.10.28更新

サンタクララ・コンベンションセンターで、ソフトバンクグループの新顔、ARMが、ARMテックコンという技術会議を10月25日から今日27日まで開催しました。イベント冒頭の基調講演ではARMの最高経営責任者サイモン・シガーズ氏に続いて、ソフトバンクグループ会長兼CEOの孫正義氏が登壇。「インターネットがパソコンからモバイル、そしてIoTに移る」と、これからはモノにセンサーを持たせ、ネットに繋ぐIoTの時代が到来すると力強く語りました。以下がARMテックコンでのお二人の基調講演の録画(Genova Lab Inc撮影)です。

1990年設立でイギリスのケンブリッジにあるARMは、低消費電力のプロセッサの設計で知られ、大手携帯メーカーがごぞってARMのアーキテクチャーを採用しています。ソフトバンクが3.3兆円で買収したことで、一躍日本で有名になりましたが、スマホのCPUの9割以上にARMの設計が採用されているため、シリコンバレーのエンジニアの方々は同社のことをよく語られておりました。

記者会見には孫正義氏は不出席だったのですが、ARMのマイク・ミューラー副社長らがご出席されました。孫氏はARMにとてもポジティブな思いを抱いていらっしゃるけれど、ボスとしてどんな感じですかとミューラー副社長にお聞きしたところ、「長期的な視野で見られているので、とてもエキサイティングです。でも未だ数日前に会ったばかりなので良くわからないけれど…」とのことでした。

バークレーで起業され、英ボーダーフォン日本法人買収、米スプリント買収、アリババへの出資から株売却など、スパー・インターナショナルな孫氏。シリコンバレーでも彼の一挙手一同は注目の的です。

              ARMTechCon               

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.10.07更新

               Oculus connect

オキュラスがサンノゼのコンベンションセンターで、Oculus Connectという開発者会議をやっております。今年で3度目のこの会議にはマーク・ザッカバーグ(通称:ザックさん)も出演されております。今年で3回目で、ザックさんは参加者他が10万人だと仰っておりますが、おそらくFacebook経由のオンライン映像とかで、会場参加人数ではないでしょうが。

立体的なソフトビデオの開発では、オキュラス・スタジオがディズニーと協業するそうです。昔、ハリソンフォードさんがご出演なさったBlade Runnerを新たにリメークして、オキュラス向けに制作されるとか。近未来と日本と中国系の居酒屋が出てくるかつてのブレードランナーの映像が、どのようにメタモルフォーゼするんでしょうか?

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.10.05更新

               ST Developers Conference

今日10月4日、サンタクララ・コンペンションセンターで、STマイクロエレクトロニックス主催のST Developers Conference (開発者会議)が開催されました。セミナーやワークショップが35以上あり、展示も行われました。講演はIoT、スマート産業、セキュリティ、スマートなモノ、スマートホームなど5つの大筋に分かれ、クアルコム、マイクロソフトのアズール、IEEE、サムソンなど業界や学会関係者が講演しました。盛況でしたが、各講演が終わるたびに講演者のところに行って質問出来たり、開発者会議としてほど良い規模でした。

マイクロ・エレクトロ・メカニカル・システムズ(MEMS) の微細加工技術で集積化した低価格のセンサーのアルゴリズムで、モバイルやスマートウォッチ、ウェアラブルなどにより、ユーザーのアクティビティのトラックに関する講演や人体へのワイアレス3Dモーショントラッキング、心臓の脈拍数をモニターするウェアラブルデバイスなど、興味深い講演が朝9時から午後6時頃まで行われました。

展示も活況で、STマイクロエレクトロニックスだけでなく、ソフトバンク傘下のARM、電話大手のベライゾン、Sensory、Avnet、iDevices、IEEEなどが展示していました。写真右下はWiTricity(ワイトリシティ)のエグゼクティブ・ディレクター、岡田朋之氏です。大学のMIT(マサチューセッツ・インスチィチュート・テクノロジー)からスピンアウトしたベンチャー企業のWiTricityは、非接触電力伝送技術で特許を持ち、トヨタ、石川島播磨(IHI)、TDK、Delphi、インテルなどと協業しています。岡田氏は「これからロボティックス企業との事業提携も進めていく」と語りました。

 

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.29更新

               RoboBusiness

今日からサンノゼのコンベンションセンターでロボビジネスのイベントがあり、明日まで開催されます。基調講演から、展示、ロボティックスのスタートアップのコンペまでが目白押しでした。展示ではファナック、Kawasaki、ハーモニック・ドライブ、そして参加企業はホンダ、パナソニック、マクニカなど日本勢が一杯いらっしゃいました。

トヨタ・リサーチ・インスティチュートのCTOのお話では、クラウドコンピューティング、マシーン・ラーニング、そして自動車の自動運転化で今後の事業化にご注目といったことでしたが、詳しくは明日、またご報告させてください。

 

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.24更新

               glasses glasses

かつてグーグルグラスが1500ドルで売り出され、評判になりましたが、あのSnapchatがビデオ・サングラスをこの秋、売り出すそうです。サングラスのボタンを押すと、10秒撮影できて、その映像はソーシャルネットワークにアップできます。Snapchat・サングラスはSnap社から販売されます。上の写真は上がグーグルグラス、左の下がエプソンのグラス、右下は拡張現実のAWEグラスです。スナップチャットのサングラスの映像が手元に無くてすいません。

 

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.15更新

               API World

9月10日からサンフランシスコでのハッカソン開催で幕を開けた、API:WORLDは、月曜の12日からはサンノゼのコンペンションセンターに場所を移し、API (アプリケーション・プログラミング・インターフェース)に関する講演や展示、表彰式などが行われました。

API企業では、ソフトの拡張性、柔軟性、開放性と展開の速さから、サンフランシスコ本社のDocuSign(ドキュサイン)がAPIのベスト・エンタープライズAPIを受賞しました。例えば、ベイエリアで家などの不動産を購入したり、弁護士とのやりとりなどでDocuSignのクラウド型電子署名サービスが使われます。クラウドで署名が必要な文書を送って、アクセスしログインしてから署名します。同社によれば「簡単に使えることが受けて」世界の188か国で 約23万の企業が、43言語でDocuSignを使っているそうです(https://www.docusign.com)。アメリカではシスコやコムキャスト、不動産会社などがDocuSignを使っています。日本にも昨年の5月に設立された日本法人のドキュサイン・ジャパンがあり、シャチハタと昨年から業務提携しています。ユーザーの企業には月額制で課金しています。この他、インドの大手人力車自動サービスのジャグノー(Jugnoo)、ロサンジェルス本社のAkanaなどが表彰されました。  

サンノゼのコンベンションセンターでの展示のエキスポには、ヤルプやIBM,マイクロソフト、シトリックスなどを含む43社が展示し、2500人以上のデベロッパーが参加しました。ちなみにこのAPI:WORLDに参加している企業が開発でよく使う言語は、Javascript, C++, Java, Ruby, Android, iPhone, PHP, and Pythonだそうです。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.08.31更新

               Fire at I-880

今日はサンフランシスコからサンノゼでのイベント、そしてまたサンフランシスコ方面に夜戻ったのですが、州際高速自動車道のインターステート880(I-880)で、観光バスが燃えているのを目撃しました。

カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(CHP)によりますと、サンノゼのギッシュ道路側で午後9時40分ごろに起こったそうです。今のところ怪我人が出たのかは不明です。 消防士は炎を消滅している間、北に向かうI-880の3車線が閉鎖されました。午後10時に道路は全面 閉鎖され、ハイウェイ101を使うように指示がありました。

現在は車線一つがオープンされたそうです。 10時10分には北方向のI-880から北方向のハイウェイ101を接続する傾斜路のランプも閉鎖されたそうです。皆さま、お気をつけて!

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.06.28更新

           sensors

 シリコンバレーから東京に行く前で、言い残したイベントが、サンノゼのマッケナリー・コンベンション・センター (McEnery Convention Center) で、6月27日から29日までございました。IoTでセンサーが幾何級数的に増えていくので、それに関したイベントです。5千人以上の参加者、3百以上の展示、95人以上の講演者、65以上のテックセッションと開催側は謳っております。

 実際に会場に足を運んで、驚いたのは日本企業が参加しているのが多かったことです。京都のRohm、アルプス電気、オムロン、愛知県のデンソーも展示なさっておりました。渡航前で時間が無かったので、お話を聞くことができなかったのですが、IoTでセンサーがあちこちに配布される場合、日本のプリサイス(精巧)な部品技術が貢献するということはよく分かります。このイベント、次は中西部のイリノイのDonald E. Stephens Convention Centerで9月27日から28日まであるそうですが、そこでも日本企業は展示なさっているのでしょうか?

投稿者: Ayako Jacobsson

前へ