2016.12.22更新

 ベルリンではテロリストがトラックで繁華街に突っ込み、アンカラでロシア大使暗殺事件が起こり、アメリカでは銃の乱射による死傷者……。こんなことを言ったら怒られそうですが、血で血を洗うのはどんなものかと。辛いことがあって人を憎んで行動すると、そのご遺族や関係者がまた「目には目を」と立ち上がったりして、本当に終わりが無くなってしまいます。私の亡くなった両親が生前良く言っていたのですが「騙すより騙される方がマシ」と。それって「殺すより殺される方がマシ」ってことに、この場合はなるのでしょうか。恨み辛みはさておき、殺されないように逃げてしまうのが一番かと思いますが。

 逃げるといえば、日本で大ヒットした「逃げるのは恥だが役に立つ」というドラマが先日最終回だったんですね。あのほのぼのとした独特の思いやりと、 冷静な計画性がありながらも暖かなムードは、やっぱり良いですよねー。これだけ欧米で殺傷事件が続いていると、概ね平和な日本と比べてしまいます。終戦後、戦争から遠ざかった今の日本社会が得た利点 なのかしらと思ったりもして……。

 で、話は変わってお昼にシリコンバレーの某米銀を訪れたところ、新しいクレジットカードを申請すると約1万5千円分のポイントが貰えるって教えてくれました。こちらのクレジットカードは普通何時でもキャンセル出来るので、「ちょっと申請してみる?」と言われて申請してみたんですね。担当のマネージャーが書類は通ったのか、同僚に電話したところ、相手が「今、やってんの!」「別に怒る必要はないのでは」と彼女が言ったところ、相手は「・・・」と、いきなり電話を切りました。

 日本の会社でこんな対応に出くわしたことがないので、結構驚きました。自由と平和が行き過ぎ、周りに括りがないと相手がどう思うかは全く関係なく、「私、今大変」と、我が道を行き過ぎることになるのですね。日本に居る時は他からの干渉の行き過ぎとかを見て、どんなもんかと思ったものでしたが、うーん。他の人を気にして大事に、そして大切にすることが、不必要な喧嘩、争いや禍いを避けるんだなぁと最近は思ってしまいます……。相手のこと、その家族や友人を思うと人は易々と傷つけられません。まして日本では簡単に武器が手に入りませんし。銃保有大国(4割の米国民がお持ちだとか)に居て 、日本の良い点が良く分かるこの頃です。

 —と、前置きが長くなってすいませんでした。 肝心の本題で、外国で危険に合わない方法ですが、以下はいかがでしょうか? 1) 最初の旅行の行程で、危ない場所をあらかじめネットや知人などに聞いてチェックする。 2) 日が暮れたら、一人で夜出歩かない。 (サンフランシスコで犬をペットとして職場に連れて来る人が多いなと思っていたのですが、危ないところを歩く時の護身用だということです。) 3) ドロボー!など、身を守る旅先の現地語を学んで旅立つ 。 4) 360度常に周りを見渡し、変な人が襲ってきそうになったら、直ぐに逃げる。 5) 場合によっては、躊躇なく財布を与えて逃げ去る。 6) 人混みの少ない場所だけでなく、多いところはテロ回避でこちらも避ける。 7) 地味な服を着る。 8) 万一の場合に備えて、パスポート、ビザ番号、クレジットカード番号とカード会社の連絡先を控える 9) お金は分散化し、大金は持ち歩かず、ホテルの部屋のセイフティボックスに貴重品を置く。 10) スカイプやラインなど緊急時の連絡で安価な連絡方法を学んで出かける。 11)出かける前の現地調査と、現地の知り合いを速攻で作る(AirBnBとかで気の合う安全そうな人を探し初めはそこに泊まり、事情を聞いてから、ホテル等に移動)                    以上、皆さまの安全な旅を考えつつ、思いつくままに書いてみました。参考になればよろしいのですが。では、Bon Voyage!

        (下の写真はベルギーで起こった今年3月のテロ事件後の写真です)

 

          ベルギーのテロ

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.09.22更新

昨日に引き続き、カリフォルニアのベイエリアでの人間ドックや健康診断の件です。健康管理で病気に関する英語が難しいという声もあるでしょうから、日系のクリニックで人間ドックや健康診断を行なわれている機関を2つ紹介申し上げます。

1つ目は日本ベイクリニックです。住所はサンフランシスコ国際空港からそれほど遠くないサンマテオにあります(40 N. San Mateo Dr. San Mateo, CA 94401 電話番号) 電話で聞いてみたところ人間ドックにはAからEのコースがあって、Aの465ドルから1950ドルまであります。ここの人間ドックにはアメリカの健康保険が使えるそうで、例えばAのコースですと465ドルのうち、同クリニックが受け入れているアメリカの保険会社が適応されますと、保険内容にもよるそうですが 150ドルから200ドルが保険会社から出て、残りの315ドル程度を会社が負担されることがあるそうです。アメリカの民間健康保険会社にはブルークロス、ブルーシールド、シグナ、エトナなどいろいろありますので、同クリニックの電話番号650-558-0337に直接問い合わせるのが正確で良いかと思います。人間ドックではなくアメリカで通常行われている米保険範囲内の健康保険ですと、身体測定、尿と血液検査程度などだそうです。www.nihon-bayclinic.com のサイトに人間ドックの検査内容がででいます。

こばやしクリニック(2490 Hospital Drive, Suite 105 Mountain View 94040: 490 Post St. Suite 1244 SF 94102)とマウンテンビューとサンフランシスコにある同クリニックですが、検査内容の詳細はサイトには出ていなくて、650−962−4630か 415−699−6495かメールで問い合わせるようです。同クリニックの人間ドックはマウンテンビューで行っていて、400ドルから $1040までだそうです。ここでは日本の会社の健康診断に当たる人間ドックと、アメリカの健康診断とは完全に別として扱うので、もし人間ドックを受けられる場合は、アメリカのどの保険も適用外になるそうです。詳細は以下の通りです。 www.kobayashi-naika.com

以上9月21日の電話による聞き取りでしたが、改訂があるやもしれないので、人間ドックや健康診断を受けられる場合、日本語で大丈夫なのでご自分でお尋ねになるのが確実です。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.07.19更新

            tesla autopilot

 昨日の日曜、イーロン・マスク最高経営責任者がテスラのオートパイロット・システムに重大な改善を、ドイツのボッシュ(Bosch)が行うとツィッターで発表しました(https://twitter.com/elonmusk)。日本のパナソニックはテスラのバッテリーのサプライヤーですが、ボッシュはテスラの障害物を探知するレーダー部品を出荷しているんですね。

 マスク氏は今日彼の別会社スペースXの打ち上げの後で、テスラの「トップ・シークレット・マスタープラン」を本日の未明の時間に出すと言っているそうです。 ご存知のように5月6日、フロリダでオハイオ州の起業家ジョシュア・ブラウンさんが運転していたモデルSがトレーラーと衝突。ブラウンさんは事故死されました。以降、テスラには米連邦政府のNTSB (国家運輸安全委員会)の 調査が2度目で入っている最中で、事故に関する投資家への報告で米証券取引委員会(SEC)の調査も入ると、米紙が報じております。

 7月1日にはModel Xがペンシルバニア州で横転し、続いて7月10日モンタナ州でオートパイロットに直接関連性のあるModel Xの衝突事故などが更に起こってます。テスラの自動運転って本当に安全なんでしょうか? 米コンシューマー・レポート誌は、そもそもオートパイロットという名前が、人々に「自動で操縦してくれるのね」と誤解を与えるので、その名を変更し、安全と分かるまでその機能を封印したらなどと提案しております。電気自動車購入で1千5百万円以上も払い、使用上の注意書きがあるものの凄い自動運転でリラックスし過ぎ、運転中寝てしまい、事故が起こったら…。  

 ネットの決済サービスPayPalで成功されたマスク氏は、ソフトウェアビジネスと実際の車による事業との違いをどうお考えなのでしょう?ソフト自体がクラッシュしても人は死にません。ですがソフトに誘導されて、動く車ではどうなのですか。たとえベータ版だと断りがあったとしても、人の命にかかわるので慎重にテストされ、出された方がテスラ社そのものの今後の事業に良かったのではないでしょうか。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.06.09更新

              whitehouse

 ワシントンDC経由の機内で、ワシントンDCの銀行で働くCTO(Chief Technology Officer)の隣に偶然座ったことがあります。彼が言うには「うちのような大きくもない地方銀行に、1日何万ものサイバー攻撃があるんですよ。大手なんかへの攻撃は、想像もつかないくらい多いでしょう。」信用問題があるので、銀行からは数が出てきませんが、公明正大な?ホワイトハウスは公で教えてくださいました。  

 ホワイトハウス行政管理予算局(Office of Management of Budget)によりますと、米連邦機関へのサイバー攻撃が急激に増えております。昨年度(2015年度)は、セキュリティ侵害や、データ流出などのサイバー事件が七万7千件を超え(77,183件)、前年度より1割も増えたそうです。政府機関がサイバー攻撃を受けたのかどうかを検出する機能が向上したので、件数が増えたのではという声もあるのですが、例えばペンタゴンこと国防総省では182件から290件に増えております。ハッカーは昨年7月統合参謀本部のスタッフを騙し、Eメールを開封させ、防衛部門の機密でないネットワークに侵入した事件も起こっています。また、連邦人事管理局がサイバー攻撃を受け、現職員だけでなく前職員や契約業者自身とその家族を含む2千2百万人の個人情報流出もありました。以上のような背景からオバマ大統領は17年度のサイバー・ゼキュリティ予算案を50億ドル増やし190億ドルを議会に提出しています。  

 では、日本ではどうなんでしょうか。警察庁の報告によりますと、日本でもサイバー犯罪は上昇傾向にあります。平成26年(2014年)のサイバー犯罪やサイバー攻撃についての相談件数は11万8千件以上で、前年より約40%つまり3万3千件以上増えております。詳しくは警察庁の平成27年(2015)3月12日発表の広報資料をご覧頂き、サイバー犯罪の現状をお知りになり、被害者にならないよう、ぜひ対策をお練り下さいませ。(https://www.npa.go.jp/kanbou/cybersecurity/H26_jousei.pdf)。

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.24更新

     テンダーロイン(tenderloin)

 「ガイドブックはホントに嘘っぽい!綺麗な所ばかり書いてる!」と、サンフランシスコで盗難にあった旅行者が怒っていました。ルイヴィトンのバックをレンタカーの座席に置きっぱなしのまま、真昼なのでちょっとだけなら大丈夫だろうと路上駐車し、観光していた最中の出来事だそうです。車の後ろの小さめの窓ガラスを割られて、バッグの中のノートパソコン諸々を盗まれたのだとか。 私も旅好きなのであちらこちらを訪れるのですが、ガイドブックには美観とか美味しい場所とかが盛り沢山なのに、行ってはいけない危ないところを書いている部分って、本当に少ないですよね。とくに「水と安全はタダ」と恵まれている日本人旅行者の方々には、アメリカの危なさはすぐに理解出来ないと思います。

 こんなことを書いている私も、そうでした。 大学に入る前、憧れの横浜に一人旅で行ったことがあるのですが、海を見たくて石川町駅を降りて迷い込んだのが横浜寿町でした。なんか宿代やモノが非常に安いなぁー。変だなあ。え、お巡りさんが一人ではなくタッグを組んで数人で巡回されておられる。なんかヤバそう。駆け足で、その場を通り過ぎました。実家に帰ったら物事をあまり知らない娘に、父が「(寿町から)よく無事で戻ったな」と言われました。昔のことなので今はどんな状況かよくわからないのですが。日本で極楽トンボだったので、ロサンジェルスではバスの運転手に運転を強要されたり、アルゼンチンでは何度か盗難されそうになったり、アムステルダムでは傘を盗まれたりとか色々ありましたよ〜。

 だから、友人や知り合いに会いに直ぐに来て欲しいと思う気持ちを抑え、サンフランシスコやベイエリアの危ない場所を、敢えてご紹介致しますね。サンフランシスコではテンダーロイン(Tenderloin)やハンターズ・ポイント(Hunters Point)、シリコンバレーではイースト・パロアルト(East Palo Alto)やオークランド(Oakland)の一部などが危ないです。とくに便利が良い場所なのに、格安っていうホテルって場合は、要注意でございます。スラム街にあるとか、ホテルがベッドバグ(南京虫)の被害にあったからだとか…。 最近ベイエリアは好景気なので、こうした場所の状況を変えようとする試みが結構あるので、嬉しい限りではありますが、直ぐに安全という訳には。英語で「Come back in one piece」といいます。バラバラにならないで無事に帰って来るための情報をご自分で仕入れ、自らの身は自らで守る。旅立つ前、現地を訪れたことがある知人に聞くとか、英語で訪問先をググったりして是非、お確かめを!(写真上はCBS SFからです。下の写真は赤枠がテンダーロインです。)

     テンダーロイン(tenderloin)2

投稿者: Ayako Jacobsson

2016.05.07更新

       ターゲットのオープンハウス

 ゴールデンウィークが終盤戦に入った木曜、米大型小売店のターゲットがIoT(インターネットに繋がる)製品だけを扱うサンフランシスコのオープンハウスで、イベントを開きました。投資家のVCや起業家、デベロッパーたちが集り、IoTの将来を話し合う会合でした。かつてソニーがあった複合施設のメトレオン1階の、白一色のお洒落な店内には、スマホやタブレットと連合するバスケット・ボール、スマホから動作できるコーヒーメーカーやサーモスタット、光を調整できる電灯、スマホで開閉できるドアの鍵、赤ちゃんの体温から健康状態を察するスマート産着、 モノの所在が何処かが直ぐ分かるキーチェーンのようなもの等が整列されています。こうしたネットに繋がる 日常製品を扱うのが、ターゲットのオープンハウスです。

 何でも繋がるインターネットが日常に入り込んでいるのは、車、住宅、玩具のようなドローンから、インターネット・オブ・エブリシングという産業用へと、日々ネットに繋がっていく世界が拡張中です。インターネット・エブリシング(IoE)とは、GEデジタルなどが提唱する産業用インターネットで、工業製品がセンサーからデータを集合するだけでなく、デバイス同士が話り合う世界へと移っているのが、まさに今であります。

 そうした時代の懸念は、IoTやIoE上、その周りのセキュリティです。最近で起こった事件ですと、約300万人のメール・アカウント(Hotmail, Gmail, Yahoomailなど)の情報が盗まれました。 ロシアから若いハッカーが、奪ったデータを闇の世界に売りました。もし、同じようなことがインターネット・オブ・シングズやインターネット・オブ・エブリシングの世界で起こったらどうなることでしょうか?最近の報道によりますとテスラ車をハックして、音声命令で車庫から自動的に出す試みがあったそうです。また、便利だと思って使っていた家のスマート鍵がハックされたり、ドローンに襲われたり、工場の製作機械が予期せずに勝手に動き出したり…。

 そうした懸念からか、IoTのセキュリティへの支出が増加していま す。調査会社のガートナーの最近の発表によりますと、世界のIoTのセキュリティへの支出は昨年の282百万ドルから、今年は348百万ドルに増えるとか。ガートナーは来年のIoTのセキュリティへの支出は、434百万ドルになるとの予測を出しています。セキュリティより利便性を重視するのか、個人や産業情報を重視するのかーこれは起業家、法律家、デベロッパーを含み、我々皆が関与する重要なテーマでございます。

       ネイルする

      

投稿者: Ayako Jacobsson